ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ことばの教育 > 確かな授業力を支える「ことばの教育」実践協議会

確かな授業力を支える「ことばの教育」実践協議会

◆日時

平成20年6月16日(月曜日) 9時30分~16時45分
平成20年7月 4日(金曜日) 9時30分~16時45分

◆場所

広島市青少年センター・広島県立総合体育館・広島県庁・広島YMCAホール

◆参加者

広島県内の公立学校教諭(約300名)
 ・中学校教諭(約250名)
 ・小学校,高等学校及び特別支援学校教諭(約50名)

◆内 容 

【平成20年6月16日(月曜日)】 講義の写真

 講義
本県の「ことばの教育」の方向性,学習指導要領との関連,「言語技術」を取り入れた指導の充実の必要性等について講話を行う。 
■講師
指導第一課 義務教育指導班 松原真奈美 指導主事
■内容
 ・本県の「ことばの教育」の推進
・新学習指導要領で求められている言語活動

 演習演習の写真
言語技術の基本の指導の実際を見ることにより,言語技術のイメージ化を図る。 
■講師
ステップ・アップ・リーダー
■内容
 『言語技術の実際』
(1)受け答えをする技術
(2)要点をまとめる技術
(3)構成を考える技術

実践発表実践発表の写真1
言語技術を使った授業の実際を見ることにより,授業での活用のイメージを図る。
■発表者 
神石高原町立油木小学校 村上 朱美 教諭
世羅町立世羅中学校    中和 洋之 教諭
 
■内容
小学校:考えを交流する場の充実
中学校:見方や考え方の視点を提示する

 実践発表の写真2

 演習Ⅰ演習1の写真
 言語技術の基本の指導の実際を見ることにより,授業実践のイメージ化を図る。 
■ 講師 ステップ・アップ・リーダー
■ 内容  『言語技術の実際』
(4)様々な角度から物事を見る技術
(5)情報を正しく伝える技術
(6)情報を的確に分析する技術

講義・演習Ⅱ講義・演習2の写真

言語技術の効果的な活用をはじめ,言語活動の充実を図った授業づくりの実践力を付ける。 
■講師
ステップ・アップ・リーダー
■内容
言語技術の効果的な活用をはじめ,言語活動の充実を図った授業づくり

講義講義の写真
言語技術を活用した授業の実際のDVDを視聴し,思考力・表現力を高めるためにことばの教育(言語技術)は効果的であることを知る。
■内容 
DVDを用いた授業改善のための研修の進め方

 

 【平成20年7月4日(金曜日)】

 協議Ⅰ協議1の写真

 言語技術の効果的な活用をはじめ,言語活動の充実を図った授業の実践例を交流することにより,様々な指導方法を知る。 
■内容 
各自が作成した言語技術の効果的な活用をはじめ,言語活動の充実を図った授業の流れの発表

発表発表の写真

言語技術の効果的な活用をはじめ,言語活動の充実を図った授業の実践例を聞くことにより,効果的な指導方法を知る。
 
■内容 
各自が作成した言語技術の効果的な活用をはじめ,言語活動の充実を図った授業の流れの発表

意見・発表意見・発表の写真

ステップ・アップ・リーダーの取組みを聞き,自校に活かす意欲を高める。 
■発表者 
江田島市立能美中学校 西田 和弘 教諭
坂町立坂中学校 森島 登紀子 教諭
尾道市立因北小学校 山崎 千佐 教諭
 
■内容
 「言語技術を活用した効果的な指導方法」を普及するために講演の写真

講演

「言語技術」を取り入れた指導の実践への意欲化を図る。 
■ 講師 日本サッカー協会 専務理事 田嶋 幸三
■ 演題 「言語技術」が日本のサッカーを変える

参加者の声

  •  多くの実践例を伺えたことが参考になった。特に,小・中学校で行われている実践を御教示いただいたのは,刺激になった。
  • 日々の授業の中で継続的に計画を立て実践することが大切である。個々の生徒との対応の上でも実践することが必要です。
  • 言語技術のスキルにとどまらず,授業の中で,教科のねらいを達成するための手だてとして,言語技術を活用することが参考になった。
  • 言語技術を授業の中で生徒が使っているのを見て,学力の底上げをねらうには効果的な方法の一つだと思った。
  •  広い視野に立って言語技術について考える必要性に気付かされた。ことばの力は,すべてに通じるということを改めて学んだ。世界に通じる子ども達を育てていきたいと思った。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。