ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

危機管理への取組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

地震・災害に強い水道をめざして

◆安芸灘~伊予灘地震に対して被害を抑制する対策を実施します。

●施設の耐震化,ループ化,応急給水拠点の整備,情報通信システムの整備を柱に,震災・災害時においても,安定した水の供給が行われるよう計画的に整備を進めていきます。

応急給水拠点の整備

災害などで給水できなくなった場合に備えて,水道用水供給事業の給水区域を15ブロックに分割し,そのブロック内に応急給水拠点を定め,緊急時の応急給水に必要な水量を確保できるよう施設整備を進めています。

応急給水拠点のマップ

●管路については,応急対策を拡充して安芸灘~伊予灘地震程度の規模の地震に対して1週間以内に復旧することを目標にします

こんな時にはイメージ図

◆水道水源の汚染などの早期発見と迅速な対応,連絡が可能となる体制を整えるため,関係機関との連携をさらに強化するよう努めます。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。