ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

衣笠 祥雄(きぬがさ・さちお)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

衣笠祥雄の写真  山本浩二選手とともに広島東洋力-プの主軸打者として活躍,赤ヘルの黄金期を築きました。昭和62年6月,ルー・ゲーリックの持つ世界記録2130試合連続出場を更新,選手生活23年で2215試合連続出場という未倒の大記録を残しました。鍛え抜かれた肉体と不屈の精神力は「鉄人」とたたえられ,多くの人々に勇気と感動を与えました。

●昭和22年,京都府生まれ。昭和40年広島東洋カープ入団。51年盗塁王,59年最優秀選手,正力賞,打点王ほか。62年国民栄誉賞受賞。

(昭和62年6月15日受賞)

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県民栄誉賞
広島県名誉県民
広島県地域文化功労者表彰

県政ピックアップ