ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

森下 洋子(もりした・ようこ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

森下洋子の写真

  松山バレエ団プリマ・バレリーナ。昭和49年,日本人として初めてのヴァルナ国際コンクール第1位金賞受賞をきっかけとして日本はもとより世界各地で公演を重ね,正確なテクニックと演技力で多くの観衆を魅了してきました。以来「世界のプリマ・バレリーナ」として幅広く活躍,日本芸術院賞,英国ローレンス・オリビエ賞など数々の賞に輝き,多くの県民に夢と希望を与えました。平成9年には女性最年少で文化功労者に選ばれています。

●昭和23年,広島市中区生まれ。昭和49年ヴァルナ国際コンクール第1位金賞。53年芸術選奨文部大臣賞。60年日本芸術院賞,英国ローレンス・オリビエ賞,ほか。平成9年文化功労者。

(平成12年11月2日受賞)


Photo by A.Iijima

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県民栄誉賞
広島県名誉県民
広島県地域文化功労者表彰

県政ピックアップ