ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年度広島県合同輸血療法委員会報告書を掲載しました

印刷用ページを表示する掲載日2017年3月30日
 血液製剤は県民の善意の献血で得られた血液を原料に製造されるものであり,その国内(県内)自給及び安定供給の確保の観点から,適正な使用を一層推進する必要があります。
 このページでは,平成28年度に広島県合同輸血療法委員会で取り組んだ活動内容をまとめた報告書を紹介いたします。
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする