ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま環境ブログ > 2015年1月30日 今すぐecoじゃけん広島「こども環境会議」を開催しました。

2015年1月30日 今すぐecoじゃけん広島「こども環境会議」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月2日更新

まったん タイトルecoじゃけん
ごみ減量・
リサイクル推進マスコット

 「まったん」

 1月30日(金),広島市西区民文化センターにおいて,県内5校の小学生が「身近なこと,自分たちでできること」をテーマに,地球温暖化などの環境問題や自然環境の大切さについて学んだことを発表しました。

※ 開催案内のサイト

.

開会に当たり,まず,広島県 環境県民局 久保田泰秀 環境部長が挨拶しました。
挨拶

.

続いて,各小学校の取組発表が行われました。

大竹市立栗谷小学校(2・3・4年生)

  • いつまでも栗谷小学校に「こしあかつばめ」が飛んできてほしいので,みどりの少年団活動などを通して栗谷の自然を守っていきたいと思っています。
  • 生き物調査をした結果,きれいな水に住んでいる生き物がとても多く,栗谷の川はきれいだという判定をしました。とても嬉しかったです。
  • これからも,たくさんの野鳥が飛び回り,川の生き物が楽しく暮らしていけるといいです。

吉和小1 吉和小画面

 鳴滝山での植樹・清掃活動や,その鳴滝山と瀬戸内海を繋ぐ吉和川の清掃の取組などについて発表がありました。

  • 植樹は,今年で37年目になります。私たちは37年間,ただ木を植えているのではなく,親から子へ受け継いだ命のリレーを続けてきたのです。
  • 地域の方々に手伝っていただきながら,みんなで一生懸命ごみを拾った結果,見違えるほど川はきれいになりました。きれいな川を見ていると本当に気持ちが良かったです。
  • 山を守り,川を守ることで,日本一の吉和の魚を守ることができます。

 その後,吉和の自然の素晴らしさを表現する力強い踊りが披露されました。

吉和小2 吉和小3

.

江田島市立切串小学校(6年生)

切串小1 切串小画面

切串小2 切串小3

 昨年起きた広島市の土砂災害。切串でも昭和20年9月に大水害がありましたが,切串の人々はみんなで協力して復興してきたそうです。
 また,昭和53年6月に発生した古鷹山の火事の後,切串の人々は,植林などの緑化活動を行い,古鷹山は徐々に姿を取り戻したそうです。その緑化活動は,現在も切串小学校で続けられ,今年度実施した学校林での剪定作業などについての発表もありました。

  • 緑の少年団の活動を地域の人たちと一緒に行い,これからも古鷹山を守りたいです。
  • 水害や山火事を忘れないためにも,二度と起こさないためにも,私たちが大人になってもこのことを伝えていきます。
  • もし,災害が起こったときは,切串や広島市の人々が行ったように,みんなで協力して助け合っていきましょう。

.

呉市立長迫小学校(4年生)

長迫小1 長迫小2 長迫小3

 劇「エココスのいのり ~地球の未来を守れ!~ 」が上演されました。

…西暦2100年,地球は全国民の電気のムダ遣いで,全てのエネルギーを失った。生き残った人間は,地球の地下5000メートルで発見された最後のエネルギーを奪い合い,戦いを繰り返していた。…「何ということだ!ほんの100年前までは緑あふれ,生き物の楽園だったこの地球が,今ではこんな砂漠と化してしまうなんて!」

 エネルギー復元ロボット「エココス」たちのおかげで,地球がエネルギーを取り戻すというストーリーでした。

…大切な資源をムダ遣いしないためにも,子どもたちは,自分たちにできるエコ・省エネ活動にみんなで取り組みました。水と緑と光に満ちた美しい星・地球で,人々はいつまでも幸せに暮らしましたとさ。

.

福山市立赤坂小学校(6年生)

赤坂小1 赤坂小画面

赤坂小2 赤坂小3

 「一人一人ができること」として,地球温暖化を防ぐ取組についてまとめた「環境ポスター作り」や,「廃油石鹸作り」,「河手川クリーンアップ大作戦」などの学校での取組だけでなく,地域の方々による一斉清掃やPTAの資源回収など,子どもたちの取組が家庭・地域に繋がった結果,活動が赤坂の町全体に広がったようです。
 また,給食の牛乳パックから作る「リサイクルはがき」や,水・電気の無駄遣いを減らすための「エコリーダー」による確認,エコな活動をしてコインを貯める「エコ貯金」の3つの今年度の新たな取組についても報告がありました。

  • 私たちは,環境学習を続けてきて,「自分たちにできることは何だろう」と考え,実行できるようになりました。
  • 「より良い環境を未来に残すために自分も何かしよう!」という気持ちを持つ人が更に増えるよう,これからも発信し続けていきます。

 更に,ロビー展示も行われました。

赤坂小展示1 赤坂小展示2

.

講評

講評1 講評2

広島修道大学 森嶋彰 名誉教授から,それぞれの発表について講評をいただきました。

全体のまとめとして…

  • 今日は皆さんから多くのことを学びました。
  • どの報告も大変レベルが高く,びっくりしました。
  • 皆さんのメッセージには,素晴らしい地球の恵みに対する感謝の気持ちと,この地球を大切にしなければならないという思いが溢れていました。
  • 環境の破壊で悲鳴を上げているこの地球を救い,こんな地球に住みたいというメッセージも感じました。

.

こども環境宣言

プログラムの最後として,児童全員で「こども環境宣言」を唱和しました。

環境宣言1 環境宣言2

宣言文1 宣言文2

.


 前日の夜から降った雪の影響が心配されましたが,予定どおり,無事に終えることができました。

 発表校の児童の皆さん,元気一杯の発表をありがとうございました。これからも,学校・地域・家庭などで「環境の取組の輪」を広げていってくださいね。

 発表校の先生方,保護者・地域の皆様,当日だけでなく準備段階から多大なご協力をいただき,ありがとうございました。

.

 子どもたちと一緒に,環境について考えることができました。子どもたちがどのようなことを学習し,そこから何を感じたのか…会場で,それぞれの成果や課題を共有できたことは,とても有意義でした。私たち大人も,身近にできることから実践していきたいですね。
こども

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


年別インデックス

県政ピックアップ