ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま環境ブログ > 2012年2月13日 今すぐecoじゃけん広島「こども環境会議」が開催されました!

2012年2月13日 今すぐecoじゃけん広島「こども環境会議」が開催されました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月29日更新

平成24年2月13日月曜日,広島県民文化センターにおいて「こども環境会議」が開催されました!

 buchou

(挨拶をする広島県環境県民局久保田部長)

 

「こども環境会議」ってなに?

県内各地の小学生が「身近なこと,自分でできること」をテーマに,地球環境問題,温暖化対策,身近な自然の大切さについて学んだことを発表する場なのです。

当日はあいにくの雨でしたが,発表校のみならず,県内各地から環境学習先進校の取組を聞きにたくさんの小学校が参加してくれました!

 zentai

 発表された学校は次のとおりです。

・呉市立長迫小学校

・福山市立駅家西小学校

・三次市立作木小学校

・大竹市立小方小学校

・東広島市立西志和小学校

・安芸高田市立吉田小学校

・江田島市立鹿川小学校

 各校ともに工夫を凝らした内容でした!

 

呉市立長迫小学校

 nagasakoshou nagasakoshou-2

環境劇を発表してくれました。セリフもハッキリと大きな声でとてもわかりやすかったです!

使わなくなった自転車をフリーマーケットでまた使ってくれる人に譲ることで資源をムダにしないというストーリーを軸に,環境のことをわかりやすく伝えてくれました。さりげなく,学校での活動の様子も織り込まれていたのもよかったです。

 

福山市立駅家西小学校

 ekiyanishi ekiyanishishou

「できるときに できることを できるだけする」をテーマに発表を行いました。

現状や取組成果を一人ずつ立って,全員で発表しました。途中,手書きでまとめた資料も映し出され,真剣にまとめてくれたことがよくわかりました。

三次市立作木小学校

sakugishou sakugishou-2

絶滅危惧種のブッポウソウを取り上げ,ブッポウソウの家族を通して自然の大切さや作木の魅力を劇にして,伝えてくれました。作木に行きたくなりました!

また,4年生が作詞,先生が作曲された歌もあり,素敵な歌声で発表してくれました。

劇と合唱,この日までにたいへんな練習をされたんでしょうね!

 

大竹市立小方小学校

ogatashou ogatashou-2

 「残したいふるさとの自然」をテーマに日頃から学校ぐるみ,地域ぐるみで取り組んでいる内容について発表してくれました。

 地域の中学生や高校生と一緒に行う取組もされていることにビックリしました。

地域の方と一緒に作成した生ゴミコンポストで各家庭から持ってきた生ゴミをもとに堆肥を作り,それを利用して野菜を育て,給食にしてしまうなんてすごいですね!

小方小のみんなが地域の方たちを巻き込み,地域全体にエコ活動が広がっていることがわかりました。

 

東広島市立西志和小学校

nisisiwashou nisisiwashu-2

「理科」の視点からエコを考えているのが他の学校とは違っていて,おもしろかったですね。

ものの温まり方から空気の温まり方へ,そしてそれを踏まえての環境問題の理解とエコ活動。

エコラのシールもかわいいですし,シールが貼ってあると気づきやすくて,電気の消し忘れなども減りそうですね!

ナイスアイディア!!

 

安芸高田市立吉田小学校

yosidashou-1 yoshidashou2

スクールエコ活動「見える化」支援事業に参加してくれている吉田小学校は,今までの取組をまとめて発表してくれました。

自分達で行う水道のじゃぐちをきちんと閉めるといった日常での取組活動から,見学した柳井発電所での液化天然ガスによるエコな発電まで,広範囲にわたって発表がありました。

また,省エネナビを利用した活動のほか,吉小エコプロジェクトとして省エネポスターの作成やエコ川柳・エコカルタなども作って,みんながエコ活動に関心を持てるように工夫していました。

そして,児童会の役員選挙の様子も紹介されていたのですが,なんと公約にエコ活動が盛り込まれていました!

みんなのエコ意識の高さに驚きました!

   

江田島市立鹿川小学校

kanokawashou-1 kanokawashou-2

鹿川小学校もスクールエコ活動「見える化」支援事業に参加してくれています。

地球温暖化の影響でカキの成長が遅いことや南方系の魚が瀬戸内海にいることなど,地域の方から直接聞いたことで,環境問題を本当に身近な問題として実感できたことがよく伝わってきました。

近隣海浜の清掃など着実な行動を通して鹿川小学校のみんなが,環境を守ろうとする姿勢がよく伝わってきました。

 そして,みんなの発表の後,各校からコメントが寄せられました。他の学校の発表で初めて知ったことや,自分達の学校にも取り組めることがあったりとたくさんの発見があったようです。

 

その後,各校代表者による環境宣言がありました。みんな堂々としているね!

 kankyousengenn

 

最後に広島国際学院大学渡辺准教授から講評がありました。

 kouhyou2

各学校ともに素晴らしい活動をしていることにビックリされていました。

そして,全員に満点の評価をいただきました!!ありがとうございます!

先生もおしゃっていましたが,発表した学校も見に来てくださった学校もこれをきっかけに情報交換してさらによりよい取組ができるといいね☆

来年の「こども環境会議」,ぜひ,参加してみませんか!

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


年別インデックス

県政ピックアップ