ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県肝疾患診療支援ネットワークについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月18日更新

 広島県では,住民健診等の肝炎ウイルス検診で要診療者(現在,肝炎ウイルスに感染している可能性が極めて高い)と診断された方の医療機関受診を促進し,早期に,適切な医療が施されるシステムを構築するため,広島県肝炎対策協議会での審議を経て,「かかりつけ医」,「専門医」,「肝疾患診療連携拠点病院」が連携する「広島県肝疾患診療支援ネットワーク」を整備しました。

1 肝疾患診療支援ネットワーク

  • 肝疾患診療支援ネットワーク ⇒ダウンロード「肝疾患診療支援ネットワーク」へ
  • 専門医療機関の一覧 ⇒関連情報「肝炎治療費助成制度について」へ

2 肝疾患診療連携拠点病院

  • 国立大学法人 広島大学病院(広島市南区霞1-2-3)
  • 福山市民病院(福山市蔵王町5-23-1)
     ☆ 肝疾患相談室 ⇒関連情報「肝疾患相談室について」へ

 ※ 肝疾患相談室では,患者,家族等のウイルス性肝炎の検診・診療・治療・医療機関等に関しての不安や疑問などに無料で御相談をお受けします。

【厚生労働省ホームページ】

関連情報

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。