ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年度ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座の実施について

印刷用ページを表示する掲載日2017年12月20日

1 ひろしま肝疾患コーディネーターとは

    我が国の肝炎ウイルス持続感染者は,B型肝炎が110~140万人,C型肝炎が190~230万人と言われています。また,広島県の肝がん死亡率は全国平均を上回り,全国ワースト10位です。(平成27年の75歳未満年齢調整死亡率 全国5.4,広島県6.6)

    肝がんのほとんどは,肝炎ウイルスの持続感染に起因することが分かっていますが,県内においても肝炎ウイルス持続感染者であることを知らず,また,肝炎ウイルス検査結果で陽性と判定されても精密検査や適切な治療を受けていない方が多く存在していると考えられます。

    このような状況の中,肝炎ウイルス検査を受検し,また,肝炎ウイルス感染者が適切な医療等を受けられるよう,適切なアドバイスを行うとともに,患者本人やその家族等からの肝疾患に関する相談を受けることができる存在が,「ひろしま肝疾患コーディネーター」です。

 2 平成29年度実施状況

(1)福山会場
 平成29年10月1,8日 まなびの館ローズコム
 ⇒ 福山会場 (PDFファイル)(85KB)

(2)広島会場
 平成29年11月12,19日 広島県庁本館6階講堂
 ⇒ 時間割 (PDFファイル)(74KB)

(3)実施結果
 2会場合わせて222名の方が,新たにひろしま肝疾患コーディネーターに認定されました。
 ご参加いただいた方の多くは医療機関のご所属の方でした。職種として最も多かったのは看護師ですが,薬剤師,臨床検査技師,ソーシャルワーカー,栄養士や事務等,様々な方に参加いただきました。

講義風景出席者の所属機関

3 平成30年度の養成講座について

(1)講座内容
 2日間の講義と確認試験を行います。
 講義内容はウイルス性肝炎に関する知識,肝疾患の治療,肝疾患患者に対する相談対応,肝疾患に関する施策 等です。

(2)実施期間
 例年,8月下旬~11月頃に実施しています。
 申込みは実施日の2か月前頃から開始します。

(3)お問合わせ・お申込み先
  広島県健康福祉局薬務課肝炎対策グループ
  〒730-8511 広島市中区基町10-52
  Fax : 082-211-3006
  E-mail : fuyakumu@pref.hiroshima.lg.jp

 ダウンロード

  ひろしま肝疾患コーディネーターの養成及び活用に関する要領 (Wordファイル)(53KB)
 平成29年度ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座実施計画 (Wordファイル)(33KB)
 別記様式(申込書) (Wordファイル)(45KB)

 関連情報

 肝疾患相談室について
 広島県肝疾患診療支援ネットワークについて
 肝炎治療費助成制度について
 肝炎治療費公費助成に係る指定医療機関等の申請方法について 
 肝炎ウイルス検査について
 広島県肝疾患患者フォローアップシステムについて
 肝炎患者支援手帳「健康管理手帳」について

Adobe Readerダウンロード外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする