ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県肝疾患患者フォローアップシステム」にご登録を

印刷用ページを表示する掲載日2018年4月3日

 「広島県肝疾患患者フォローアップシステム」は,肝炎ウイルス陽性者をフォローアップにより早期治療に繋げ,ウイルス性肝炎患者等の重症化予防を図ることを目的とした事業で,平成25年4月1日から運用しています。
 肝臓は沈黙の臓器と言われており,症状がなくても,慢性肝炎や肝がんに進行していることがあるので,肝疾患専門医を受診し,継続して治療や検査を受けることが大切です。

※平成30年4月から登録の流れを簡素化しました。また,登録同意書や受診調査票等の様式も改正されています。

◯システムへの登録について

  • 登録対象者
    広島県内にお住まい(住民票が広島県内にある方)で,肝炎ウイルス検査で陽性と判定された方(すでに通院中の方も含みます)。
  • 登録するメリット

    1 年1回,広島県から受診のご案内を送ります。 

   ア 適切な診療を受けているかどうか確認します。
     イ   専門医において病状や治療方針を確認することをお勧めします。

   2   一定の要件を満たす場合,「初回精密検査費用」「定期検査費用」(年2回)の助成を受けることができます。
助成の詳しい内容は,次のリンク先をご覧ください。

    B型・C型肝炎ウイルス陽性者の方の検査費用を助成しています。

  このシステムに登録された内容は,陽性者の長期経過の把握を行い,広島県における肝炎対策へ反映させるために活用します。

 適切な肝炎医療の受診勧奨を行うため,プライバシーの保護に十分配慮し,市町等関係行政機関及び受診された「専門医療機関」が共有しますが,この事業の目的以外には使用しません。

 さらに詳しい内容や登録の流れについて知りたい場合は,次の「チラシ」「説明書」をご覧ください。

  広島県肝疾患患者フォローアップシステムへの登録はお済みですか?【チラシ】(PDFファイル)(1.77MB)
  様式第1-1号 広島県肝疾患患者フォローアップシステム説明書 (PDFファイル)(195KB)

 このシステムへの登録希望及び御質問は,薬務課肝炎対策グループ(下記の「お問い合せ先」)までお願いします。

◯システムへ登録されている方へ

  • 専門医療機関への受診

 県から年1回受診調査票が送付されるので,お持ちの上専門医療機関を受診してください。

  • 登録内容の変更手続き

 氏名,住所等の変更があったときは,別記様式第3号「広島県肝疾患患者フォローアップシステム登録変更届出書」を県へ提出してください。

  • 登録の辞退手続き

 登録の辞退を希望するときは,別記様式第4号「広島県肝疾患患者フォローアップシステム登録辞退届出書」を県へ提出してください。

※各様式については下記ダウンロードファイルをご覧ください。

 

ダウンロード

※  このシステムへの登録希望があり,掲載医療機関以外で受診されている場合は,お手数ですが,薬務課肝炎対策グループ(下記の「お問い合せ先」)へ御相談ください。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする