ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症・難病・肝炎 > 肝炎に関する申請・手続き等について > B型・C型肝炎ウイルス陽性の方の検査費用を助成しています

B型・C型肝炎ウイルス陽性の方の検査費用を助成しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月26日更新

  B型・C型肝炎ウイルス陽性の方の早期治療に繋げ,重症化を予防することを目的に,初回精密検査費用・定期検査費用を助成します。

平成29年4月1日から,定期検査費用の自己負担限度額が引き下げられました。

助成対象者

 次の全ての要件に当てはまる方が対象です。

初回精密検査

・ 県内に住民票がある方
・ 医療保険,後期高齢者医療保険等の被保険者
・ 過去1年以内に,特定感染症検査等事業または健康増進事業の肝炎ウイルス検査で陽性と判定された方
・ 「広島県肝疾患患者フォローアップシステム※」への登録に同意された方

定期検査

・ 県内に住民票がある方
・ 医療保険,後期高齢者医療保険等の被保険者
・ 肝炎ウイルスが原因の慢性肝炎,肝硬変または肝がんの方
 ※ 治療後の経過観察期間の方も含みます
 ※ 無症候性キャリアの方は含みません
・ 現在,「肝炎治療受給者証」を持っていない方
・ 世帯の市町民税(所得割)が23万5,000円未満の方
・ 「広島県肝疾患患者フォローアップシステム※」への登録に同意された方

 ※ 「広島県肝疾患患者フォローアップシステム」は,B型・C型肝炎ウイルス陽性の方にご登録いただき,県が登録者に対して受診勧奨や情報提供を行い,適切な肝炎治療に繋げることで,肝がんによる死亡者数の減少を目的とした事業です。詳しくは次のリンク先をご覧ください。
 ⇒ 「広島県肝疾患患者フォローアップシステム」にご登録を

助成の内容

 助成の対象は,初診料(再診料)・ウイルス疾患指導料・検査費用※です。
 医療機関で一度お支払いただいた後,本申請により,次の表の自己負担額を除いた額を払い戻します。ただし,この表の額が適用となるのは,平成29年4月1日以降に受けた検査です。
 保険者や医療機関への確認を要するため,入金まで2か月程度要します。

所得区分診断名自己負担額
住民税非課税世帯に属する方慢性肝炎,肝硬変,肝がん0円
上記以外で,世帯の市町民税(所得割)額の合計が23万5,000円未満の方慢性肝炎2,000円
(H29.3.31までに受けた検査は3,000円)
肝硬変,肝がん3,000円
(H29.3.31までに受けた検査は6,000円)

 ※ 助成対象とならない費用を除外して算定するため,申請額と支給額が異なる場合があります。
 ※ 対象となる検査費用の詳細は,申請窓口または県薬務課へお訊ねください。

申請手続

次の手順で申請してください。

1 「広島県肝疾患患者フォローアップシステム」へ登録
2 初回精密検査または定期検査を受検
3 申請書類を県薬務課または県保健所へ提出

 ※ 1の登録前に受けた2の検査も助成対象となります。
 ※ 「初回精密検査」は肝炎ウイルス検査結果通知日から1年以内に申請してください。
 ※ 「定期検査」は定期検査を受けてから1年以内に申請してください。年度内で2回助成されます(ただし,「初回精密検査」を含む回数)。

申請に必要な書類

初回精密検査

1 (様式第1号)「肝炎等検査(初回精密検査)費用支給申請書」 (Wordファイル)(49KB)
2 検査を受けた医療機関が発行した領収書(コピー不可
3 検査を受けた医療機関が発行した医療内容,保険点数などが記載された書類(例:診療明細書)
4 「広島県肝疾患患者フォローアップシステム医療機関受診調査票」(同意者保管用)のコピー
 ※ 申請年度または申請前年度に肝疾患専門医療機関が記入したもの
5 検査費用振込先金融機関の口座がわかる書類(例:預金通帳のコピー)
6 肝炎ウイルス検査結果通知書のコピー

 書類1は県薬務課,県保健所でも配布しています。

定期検査

1 (様式第2号)「肝炎等検査費用(定期検査)支給申請書」(Wordファイル)(48KB)
2 (様式第3号)「肝炎等検査費用助成に係る医療費確認書」 (Wordファイル)(38KB)
 ※ 検査を受けた医療機関で記入してもらってください。
3 検査を受けた医療機関が発行した領収書(コピー不可
4 検査を受けた医療機関が発行した医療内容,保険点数などが記載された書類(例:診療明細書)
5 「広島県肝疾患患者フォローアップシステム医療機関受診調査票」(同意者保管用)のコピー
 ※ 申請年度または申請前年度に肝疾患専門医療機関が記入したもの
6 検査費用振込先金融機関の口座がわかる書類(例:預金通帳のコピー)
7 世帯全員の記載がある住民票の写し(コピー不可
8 世帯全員の住民税非課税証明または,世帯全員の市町民税(所得割)の課税年額を証する書類(コピー不可
 ※ 乳幼児や義務教育年齢期間にある者の証明書の提出は不要です。
 ※ 申請年度内に発行した最新の書類を提出してください。
 ※ 市町民税課税額の合算対象除外を希望する場合は様式第4号を提出してください。
 ⇒ (様式第4号)「市町民税課税額合算対象除外希望申請書」 (Wordファイル)(39KB)
 ※ 書類7と8については省略ができる場合があります。

 書類1と2は県薬務課,県保健所でも配布しています。

関連情報

  • B型慢性肝炎またはB型肝炎ウイルスキャリアと診断された皆さまへ
  • C型慢性肝炎またはC型肝炎ウイルスキャリアと診断された皆さまへ
  • 肝炎治療費助成制度について
  • 広島県肝疾患患者フォローアップシステムにご登録を
  • 広島県肝疾患診療支援ネットワークについて
  • ひろしま肝疾患コーディネーターを活用しましょう
  • 肝炎患者支援手帳「健康管理手帳」について

    ダウンロード

  • 初回精密検査費用を助成しています(チラシ) (PDFファイル)(411KB)
  • 定期検査費用を助成しています(チラシ) (PDFファイル)(401KB) 
  • Adobe Readerダウンロード

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)