ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

イノベーションは模倣から生まれる ゼロイチ神話を超えて(第36回イノベーショントーク)

印刷用ページを表示する掲載日2018年5月8日

INNOVATION TALK in HIROSHIMA #36

定員に達したため,申込を停止しました。
たくさんのお申込みをいただき,ありがとうございました。

「模倣」という言葉に対するネガティブなイメージ(猿真似、Copycatなど)は洋の東西を問いません。
しかし、「学ぶ」の語源が「真似る」であるという説があるように、「模倣」は他の事例から学ぶことでもあります。
ヤマト運輸、セブン‐イレブン、トヨタ自動車、スターバックス、いずれもビジネス発展の礎は、摸倣を手掛かりにした
ビジネスモデルで、すぐれた企業を「真似て、超える」ことで成功したのです。
中国、台湾、韓国、タイの4か国で翻訳されたベストセラー「模倣の経営学」の著者が、
模倣が生むイノベーションについて紹介します。

開催日時・場所

日時 : 2018年6月1日(金曜日)18時00分~19時30分 (受付17時30分~) 

場所 : イノベーション・ハブ・ひろしま Camps(広島市中区紙屋町1-4-3 エフケイビル1F)

スケジュール

井上 達彦

井上 達彦 (いのうえ たつひこ)

早稲田大学商学学術院教授
早稲田大学産学官研究推進センター 副センター長

1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士(経営学)。
広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教授、早稲田大学商学部助教授(大学院商学研究科夜間MBAコース兼務)などを経て、2008年より現職。

2003年経営情報学会論文賞受賞。独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、ペンシルベニア大学ウォートンスクール・シニアフェローなどを歴任。

著書に、『模倣の経営学-実践プログラム版』(日経BP社)、『模倣の経営学-偉大なる会社はマネから生まれる』(日経ビジネス人文庫)、『ブラックスワンの経営学-通説をくつがえした世界最優秀ケーススタディ』(日経BP社)など。

模倣の経営学

対象

イノベーションに関心のある方 など

定員

30名

申込先

定員に達したため,申込を停止しました。
たくさんのお申込みをいただき,ありがとうございました。

お申し込みはこちら

主催

広島県

詳細

お問い合わせ

広島県商工労働局イノベーション推進チーム
電話:082-513-3353
Fax:082-223-2137
メール:syoinnov@pref.hiroshima.lg.jp
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする