ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 起業・ベンチャー > 【満員御礼!受付終了】INNOVATION JAPAN×広島~イノベーションサミット2017~の開催について

【満員御礼!受付終了】INNOVATION JAPAN×広島~イノベーションサミット2017~の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月21日更新

【満員御礼!受付終了】

※定員(300名)を大幅に超える参加申込みをいただきましたので,
  受付
を終了させていただきました。
    多数のお申込みをいただき,誠に,ありがとうございました。

Facebook『広島イノベーションハブ』に,“いいね”をお願いします!


「INNOVATION JAPAN×広島
第2弾
~イノベーションサミット2017~

広島県は,雇用や所得を生むイノベーションの推進を県政の柱と位置付け,
「イノベーション立県」の実現を目指しています。
こうした中,世界で最もイノベーティブな企業の1つ,グーグルの協力も得て,
起業を目指す人材の育成から,中小企業の成長促進まで,成長フェーズに合わせてサポートし,
イノベーションの創出を応援していきます。

今回,この取組の一環として,「イノベーション」をキーワードに,
日本を代表するスピーカーによるトークセッション(第1部)と
ベンチャー企業によるビジネスプランのプレゼンテーション(第2部,KDDI株式会社と共催)を開催します。

<参考>
イノベーションサミット2017 フライアー (PDFファイル)(341KB)

開催日時・場所

日   時 : 平成29年1月27日(金曜日) 13時30分~19時(受付開始 13時00分~)
会   場 : ANAクラウンプラザホテル広島3F 「オーキッド西&中西」
参加料 : 無料
主   催 : 広島県商工労働局 イノベーション推進チーム
協   力 : グーグル日本法人

プログラム

【第1部】
◆ 13時30分~: オープニング    
                     
                          広島県知事   湯崎 英彦
                          グーグル日本法人   アジア太平洋地域マネージング・ディレクター・専務執行役員 CMO 岩村 水樹

◆ 13時40分~: 基調講演 「未来をつくるイノベーション」     
                  
                          一橋大学イノベーション研究センター教授  米倉 誠一郎

◆ 14時20分~: パネルディスカッション「イノベーションを生み出す組織とは(仮)」    
                     
                          グーグル日本法人   アジア太平洋地域マネージング・ディレクター・専務執行役員 CMO 岩村 水樹
                          関西学院大学  経営戦略科 副研究科長 玉田 俊平太
                          (モデレーター) 広島県 湯崎 英彦


◆ 15時00分~: パネルディスカッション「広島から世界に向けたイノベーション」

                          マツダ株式会社 常務執行役員 デザイン・プランドスタイル担当 前田 育男
                          一般社団法人アスリートソサエティ 代表理事 為末 大
                          (モデレーター) 株式会社リ・パブリック共同代表/
                                               グローバル・デザイン・リサーチ・ネットワークReach 日本代表  市川 文子 
【第2部】
◆ 15時55分~:KDDI ∞ Labo MeetUP!With 広島      
                 
                       - ベンチャー企業によるビジネスプランのプレゼンテーション - 
                       <審査員>  KDDI株式会社 バリュー事業本部 新規ビジネス推進本部 戦略推進部長     江幡 智広
                                         グーグル日本法人 ビジネスマーケティング統括部長    横川 大輔
【第3部】    
◆ 18時00分~: 交流会

第1部 講演者・登壇者のご紹介

syashin

一橋大学イノベーション研究センター教授
米倉 誠一郎 氏

企業経営の歴史的発展プロセスを戦略・組織・イノベーションの観点から研究。
著書に,「経営革命の構造」(岩波新書),「企業家の条件」(ダイヤモンド社)、「脱カリスマ時代のリーダー論」(NTT出版),
「創造的破壊:未来をつくるイノベーション』(ミシマ社),『二枚目の名刺 未来を変える働き方」(講談社)など多数。

syashin

広島県知事 
湯崎 英彦

広島県出身
東京大学法学部卒業後,平成2年通商産業省入省
平成7年スタンフォード大学MBA取得
平成10年米国VCイグナイト・グループ出向
平成12年退官後,株式会社アッカ・ネットワークス設立,代表取締役副社長,平成17年JASDAQ上場,平成20年同社退社
平成21年広島県知事選で初当選,現在2期目

syashin

グーグル日本法人
アジア太平洋地域マネージング・ディレクター・専務執行役員 CMO
岩村 水樹 氏

東京大学教養学部卒業,電通勤務の後,スタンフォード大学経営学修士号取得。
2007年グーグル入社し,マーケティングを担当,Nikkei Brand of the Decade 最優秀賞に貢献,現在はアジアパシフィック地域のGoogleのコンシューマーマーケティングも統括。
またコミュニティ貢献活動として,「イノベーション東北」など東日本大震災関連プロジェクトの他,アジア太平洋地域においてテクノロジーを通じた女性のエンパワーメント活動「Women will」をけん引する。

syashin

関西学院大学  経営戦略科 副研究科長
玉田 俊平太 氏

博士(学術)(東京大学),米ハーバード大学大学院にてマイケル・ポーター教授のゼミに所属,競争力と戦略との関係について研究,クレイトン・クリステンセン教授からイノベーションのマネジメントについて指導を受ける。
筑波大学専任講師,経済産業研究所フェローを経て現職。
研究・イノベーション学会評議員。平成23年度TEPIA知的財産学術奨励賞「TEPIA会長大賞」受賞。著書に『産学連携イノベーション―日本特許データによる実証分析』(関西学院大学出版会、2010年),監訳に『イノベーションへの解』(翔泳社,2003年),『イノベーションのジレンマ』(翔泳社,2000年)など。

syashin

マツダ株式会社 常務執行役員 デザイン・ブランドスタイル担当
前田 育男 氏

広島県出身
京都工芸繊維大学工芸学部卒業後,1982年マツダ入社。
「RX-8」「デミオ」などのチーフデザイナーを経て2009年デザイン本部長
「魂動」をデザインのテーマに掲げ,現在,マツダ全ての商品とブランドデザインの責任を持つ,2016年常務執行役員
趣味はモータースポーツで,国際C級ライセンスを保有。

syashinn

一般社団法人アスリートソサエティ 代表理事
為末 大 氏

広島県出身
スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者
2001年エドモントン世界選手権及び2005年ヘルシンキ世界選手権において,男子400メートルハードルで銅メダル
男子400メートルハードルの日本記録保持者(2016年12月現在)。
2012年,25年間の現役から引退。
現在は,自身が経営する株式会社侍のほか,一般社団法人アスリートソサエティなどを通じて,スポーツと社会,教育,研究活動を幅広く行っている。

syashinn

株式会社リ・パブリック 共同代表
グローバル・デザイン・リサーチ・ネットワークReach 日本代表
市川 文子 氏

広島県出身
慶應義塾大学卒業,同大学大学院修了,1998年フィンランドにてノキアに入社,ユーザーエクスペリエンス部門に所属し,世界各国で行うフィールドワークから研究開発や企画を行う人間中心設計プロセスに従事。2005年に退社し,株式会社博報堂イノベーション・ラボを経て,2013年田村大と共にリ・パブリックを創業。広島県の100社の企業内人材を結びつけ新たな事業の創造を育むプログラム「イノベーターズ100広島」のディレクターを務める。

 

第2部  登壇者のご紹介

 syashinn

Ubermensch株式会社
北村拓也

【テーマ】
サイバーセキュリティ学習プラットフォームの開発

 syashinn

株式会社ポータブル
板倉一智

【テーマ】
水産業者間水産物マーケットプレイス「Portable」

syashinn

株式会社M’s Creation
松浦康之

【テーマ】
舌運動機能の計測と口腔リハによる健康寿命延伸事業について

 syashin

こみゅぱ技研株式会社
原 好彦

【テーマ】
流体励起振動を用いた発電機(風力・水力)

 syashinn

Kids Code Club
石川 麻衣子

【テーマ】
世界中の子どもにSTEM教育を!「Kids Code Club」

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ