ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 商業・工業 > 世界の見方を変える「まなざしのデザイン」(第31回イノベーショントーク)

世界の見方を変える「まなざしのデザイン」(第31回イノベーショントーク)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

 

「まなざしのデザイン」タイトル

ランドスケープデザインで〈風景〉を変えようとしてきたハナムラ氏は、風景の半分は人間の想像力に根ざした〈まなざし〉から生まれるため、人間の外側のデザインばかりを洗練させたところで、その効果はどこまでいっても半分しかないということを悟る。そこで、人のモノの見方を変えること、すなわち、「まなざしのデザイン」を提唱し、方法論の構築を試みると同時に、実践的にワークショップやパフォーマンスをおこなうことで、〈まなざし〉を変えることから〈世界〉を変えるという冒険に挑戦する。

そのフレームワークから商品開発や企画のアイデア、新しい技術や素材・システムなどをサービスに変えるためのイノベーション、更には創造性の開発や教育、人材育成など幅広く応用できる方法を掴んでいただけます。

チラシ (PDFファイル)(481KB)


日時

平成29年11月23日(木)14:00~16:00(受付は13:30)


会場

イノベーション・ハブ・ひろしま Camps(広島市中区紙屋町1-4-3エフケイビル1F)


ゲスト紹介

ハナムラチカヒロ氏 (ランドスケープアーティスト,俳優,社会起業家,風景異化論研究者)

1976年生まれ。博士(緑地環境科学)。大阪府立大学経済学研究科観光地域創造専攻・准教授。バルセロナ大学遺産観光研究所客員研究員。大阪府立大学生命環境科学研究科修了後、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任助教を経て、現職。(一社)ブリコラージュファウンデーション代表理事。専門であるランドスケープデザインとコミュニケーションデザインをベースにした風景異化論を元に、空間アートの制作や、映像や舞台などでのパフォーマンスも行う。大規模病院の入院病棟における空間アート「霧はれて光きたる春」で第1回日本空間デザイン大賞・日本経済新聞社賞受賞。


対象者

イノベーションに関心がある方など


申込先

以下のリンクからお申し込みください!
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/ques/questionnaire.php?openid=532

主催

広島県

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ