ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島i-Hub2017

印刷用ページを表示する掲載日2018年1月30日

hiroshima-i-hub

経済と社会のデジタル化などを特徴とする第四次産業革命が進展する一方,少子高齢化が進行する地域では

価値創造を伴う新たな仕事づくりがまったなしの状況にあります。

本プログラムは中国新聞社グループの協力により,「メディア機能」「新聞社が持つ多様な経営資源」の本質と

その活用をイノベーティブに考察し,地域を超えた企業,専門家相互の共創による解くべき課題(イシュー)と

新たなビジネスの可能性をデザインします。(ちらし (PDFファイル)(890KB)

開催日時・場所

○日時:2018年3月2日(金曜日)15時から18時 (交流会20時まで) 

○場所:3×3Lab Future(さんさんラボ フューチャー)

<東京都千代田区大手町1-1-2大手町タワー・Jxビル1階>

スケジュール

○イントロダクション

○ワークショップ/ 「機能」「目的」「価値」の結びつけファシリテーター 合同会社志事創業社 代表 臼井清 氏

○ワイガヤ交流会「広島Night!」/ 広島好きによる,地域と大丸有の共創による新たな可能性を語る夕べ

対象

イノベーション,新事業,地域メディア,地方創生,地域間連携,共創に関心のある方 など

定員

50名

申込先

主催

広島県,株式会社日本政策投資銀行

共催

一般社団法人日本経済研究所

協力

株式会社中国新聞社,エコッツェリア協会

参加費

無料(※ワイガヤ交流会:1,000円)

お問い合わせ

広島県商工労働局イノベーション推進チーム
電話:082-513-3353
Fax:082-223-2137
メール:syoinnov@pref.hiroshima.lg.jp
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする