ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不動産鑑定士・鑑定業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月1日更新

新着情報

新着情報のRSS配信

現在、掲載されている情報はありません。


不動産鑑定業に関する手続

  不動産鑑定業の登録については,次の2つに分かれます。

1 広島県知事の登録が必要な場合

 広島県内に事務所を設ける

2 国土交通大臣の登録が必要な場合

 2つ以上の都道府県(例:広島県と他の都道府県)に事務所を設ける(その場合,主たる事務所の所在地のある地方整備局長あてに届出)

◎登録手続の詳細,更新・変更などの手続について

 ⇒ 詳しくは右がわ(「登録・届出」)をご覧ください。

都市

不動産鑑定士の登録

 不動産鑑定士となる資格を有する方が,不動産鑑定士となるには、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に,氏名,生年月日,住所そのほか国土交通省令で定める事項の登録を受ける必要があります(不動産の鑑定評価に関する法律第15条,第17条)。

 登録を受けようとする方は,その住所地のある都道府県知事を経由して,国土交通大臣に登録申請書を提出してください(申請書類等は,下の【このページに関連する情報】を参照してください)。

 なお,申請書のあて名は,登録等の事務が大臣から地方整備局などの長に権限委任されているため,住所地を管轄する地方整備局などの長(本県の場合は中国地方整備局長)となります。

窓口

環境県民局環境県民総務課 総務グループ(県庁南館3階) 

Tel:(082)513-2715

このページに関連する情報