ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

里山・里海リレーシンポジウムin 広島 開催状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月20日更新

「里山・里海リレーシンポジウムin広島」の開催状況

■日時 平成27年12月26日(土)  13時30分~18時00分
■場所 広島県民文化センター(広島市中区大手町1-5-3)
■来場者数 465人(第1部:380人 第2部:85人)
■主な内容

第1部

【スペシャルセッション】

テーマ 「中山間地域で,100年続く種をまこう!-広島ソーシャルデザイン2015-」

・株式会社西粟倉・森の学校 代表取締役 牧 大介 氏

・株式会社巡の環 代表取締役 阿部 裕志 氏

・株式会社立花テキスタイル 研究所 代表 新里 カオリ 氏

・広島県知事 湯崎 英彦

・(ファシリテーター)雑誌 月刊『ソトコト』編集長 指出 一正 氏

過去のシンポジウム会場での様子とその成果や、各ゲストの取り組みを共有した後、「中山間地域が担う、広島の未来」をテーマにゲストと知事によるトークセッションを行いました。
来場者との質疑応答も活発に行われ、湯崎知事は「今は、世界のどこにいても最先端のことができる。一人ひとりが自分らしさを発揮できる場を見つけ、チャレンジして欲しい。県はそれをいろいろな形で後押ししてく。」とメッセージを発信しました。

 広島の画像

第2部

【ワークショップ】

ひろしま・つながりカフェ

地域でこれからソーシャルな事業を展開しようと動き出している県が実施する地域づくり人材の育成に向けた「ひろしま『ひと・夢』未来塾」における最優秀プラン2組を含む,4組の実践者を招いてのワールドカフェを「ひろしま・つながりカフェ」と題して開催しました。

広島の画像