ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

FRP船を廃船処理するには

印刷用ページを表示する掲載日2014年1月10日

不要となったFRP船はどうしたら良いか

 不要となったFRP(ガラス繊維強化プラスチック)船は,所有者が責任をもって,適正に廃船処理していただく必要があります。
 FRPリサイクルシステムを活用して,適正に廃船処理しましょう。

FRP船リサイクルシステムとは

 FRP船リサイクルシステムとは,その製品特性から適正処理が困難であり,不法投棄が問題とされてきたFRP船を,広域的かつ集中的に収集,解体,破砕することにより,低コストで廃船処理するために構築された仕組みのことをいいます。

詳しくはこちら(一般社団法人日本マリン事業協会のサイト)外部リンク

廃船処理の様子

 手続

 受付期間中に,登録販売店へ直接申し込んでください。

受付期間

 平成26年1月10日(金曜日)~平成27年1月12日(月曜日)
 (受付期間は,地域により異なります。)

登録販売店

 最寄りの右のロゴマークを掲示している登録販売店  FRP船リサイクルシステムロゴマーク

 登録販売店一覧はこちら(一般社団法人日本マリン事業協会のサイト)外部リンク

料金

 申込者(廃船処理するFRP船の所有者)の負担となります。
 詳しくは,登録販売店へお問い合わせください。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする