ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > リサイクルで地域の力に!株式会社こっこー!!

リサイクルで地域の力に!株式会社こっこー!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月28日

『魅力がない!?』なんでそんなこと言うの?? こっこーは何をしている会社?

株式会社こっこー1

 株式会社こっこー(以下,こっこー)は、
「資源循環事業」,「製鉄事業」,「生活環境事業」の3つの事業を展開しています。

・「資源循環事業」では,使用済みの乾電池や蛍光灯のリサイクル,鉄・ステンレス・アルミ・ プラスチック・銅・古紙・カレット等の収集運搬・選別・解体・加工処理と販売。

・「製鉄事業」では,大手メーカー内の構内作業をはじめ、製鋼・製造過程で使用する原材料や水等の回収・リサイクル。

・「生活環境事業」では,鋼材の加工・販売をはじめ、建築資材やエクステリア商品の販売と工事。

 リサイクルを通じて,地域から出た「ごみ」はこっこーに集められ,こっこーがその「ごみ」に新たな命を吹き込みます。言い換えると,新たな活用方法を生み出すのです。
ごみがごみとして一生を終えるのではなく,姿を変えて地域に戻る。「ごみ」も地域もハッピーになる。
こっこーは地域社会において,大切な一翼を担っているのです。

スーパーソルって何? スーパーソルを取り巻く物語が熱い!

株式会社こっこー2

 「スーパーソル」は,地域から発生した廃ガラスを新たな資源として生まれ変わらせた商品です。

スーパーソルは緑化・園芸・水質浄化・建築・断熱・土木・農業等の用途で活用できます。

 例えば,防犯砂利,鉢底石など私たちにとって身近な日常生活の中で使用したり,軟弱な地盤で沈下の軽減をする土木資材として使われることもあります。

 また,農場の土壌改良を目的に,土壌改良材を排水の悪い農場に混ぜることで排水性の向上を図ったりします。環境教育の現場においては,リサイクルの教材として一役を買うこともあります。現在でも大学と連携し,スーパーソルを用いた新たな研究開発が進められています。動画で取り上げた大型受注とは,鳥取県の駟馳山バイパスに関わる工事でした。

 この工事はこっこー社内に嵐を巻き起こすこととなりました。この工事では,厳しい条件が付され,通常のスーパーソルの生産の速さでは到底間に合わない,スーパーソルの製造設備を持つ他社との提携が必要であると思われました。しかし,こっこーは,単独でこの工事を引き受けました。

 当工事の責任者であった山根さんは,「工事期間中は、不安で不安で仕方なかった。
何とか予定通りに現場への納品することができ、やっとこの不安が解消された。」と語っていました。
スーパーソルの製造設備は,フル稼働,社員も一丸となって取り組み,この事業を成功させたのです。
これを機に,こっこーは売り上げを伸ばしていきました。

「なるほど!魅力がないってそういうことだったんだ。」 社長、ちょっと見えてきました。

株式会社こっこー3

 社長は「当社には,魅力は感じない」と言っていましたが,魅力がないのではなく,スーパーソルという新規事業が軌道に乗り始めても,現状に満足せず新たな挑戦に目を向けていることを意味していました。産業廃棄物の種類や価格は,時代の流れによって変動していきます。業界が変化しても,会社がそれに合わせて変化していけば,生き残っていけるのではないでしょうか?

 社長は経営者としての思いを語りました。

「今の動き方では個人的に魅力は感じない。しかし,COCCOが持つポテンシャルやコンセプトをベースにするならば、発展するというか,これからの社会でも,新たなビジネスチャンスをつかむ要素はあると思う。それを実現するためには,経営者をはじめ社員一人ひとりが,向かうべき方向性を理解し,チーム一丸となってやっていけるかどうかにかかっている。

 一部では,こういう動きが出はじめているが、残念ながら、まだこの力が弱い。社員の意識がもう少し変わってくると面白いことにチャレンジできる会社になると思う。時代は急激に変化しており、今ある状態がベストとは限らない。環境の変化を捉え,絶えずチャレンジすることが大切。コンセプトにのっとったチャレンジが。」

株式会社こっこー

株式会社こっこー4 ■ 企業名 株式会社こっこー
■ 業種 金属加工業 他
■ 事業内容 資源循環事業・製鉄事業・生活環境事業
■従業員数/資本金 329名/9,900万円
■ 所在地 広島県呉市広多賀谷1丁目9番30号
■ ホームページ  http://www.cocco-at.jp/外部リンク 

※この記事は,2015年9月の内容です。最新状況は変化している場合がございます。

大学生記者の紹介

株式会社こっこー5

・参加した動機
動画に興味があったから、また、経営者の方やいろんな方のお話を聞きたかったからです。

・取材して感じたこと
リサイクル産業が社会にとって重要であることを感じました。リサイクルをしたものを地域に返すという経営理念が掲げられており、それを実践しているこっこーだからこそ・・・。

【島根大学2年生・河西,島根大学2年生・首藤】


  • 素晴らしいひろしまの企業にカンパイ!
  • UIJターン先輩紹介
  • UIJターン就活で悩んだら相談しよう
  • カンパイ!広島県外部リンク
  • ひろしま観光ナビ外部リンク
  • もっと「ひろしま」外部リンク
  • ひろしま移住サポートメディア HIROBIRO外部リンク
  • 広島県
  • 広島県公式Facebook外部リンク
  • 広島県公式twitter外部リンク
  • リンク集