ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「犯罪被害者週間」における街頭キャンペーンが行われました

印刷用ページを表示する掲載日2010年11月26日

  「犯罪被害者週間」(11月25日~12月1日)における啓発行事として,当週間の初日となる11月25日(木曜日)朝の通勤・通学の時間帯に,JR広島駅南口広場付近において,街頭キャンペーンが行われました。

 この街頭キャンペーンは,民間の被害者支援団体である,公益社団法人広島被害者支援センターの主催により平成17年度から毎年行われています。

今年度も,広島県,広島県警察,広島市,第六管区海上保安本部,法テラス広島などの関係機関・団体が参加・協力し,総勢約30名が,相談窓口や支援内容などを紹介するパンフレットやチラシなど約3,000部を配り,広く県民に犯罪被害者支援への理解と協力を求めました。
 パンフレットやチラシには,入浴したときに身体が温もるように,心も温まって欲しいとの願いを込めて,入浴剤を添えました。


街頭キャンペーンの様子その1

広島被害者支援センターの山本一隆理事長によるあいさつを合図に,キャンペーンが始まりました。

街頭キャンペーンの様子その2

本日から犯罪被害者週間です!犯罪被害について考えてみましょう!

街頭キャンペーンの様子その3

「広島被害者支援センター」です。
 犯罪・事故の被害者をサポートする活動を行っています。

街頭キャンペーンの様子その4

お困りのことがあったら気軽にご相談を!

街頭キャンペーンの様子その5

キャンペーンは,約1時間で終了しました。

 今回のキャンペーンを契機として,犯罪被害者やその家族の置かれている立場や心情について理解を深めていただき,県民全体で支える社会に繋がっていくことを願っています。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする