ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 犯罪被害者等支援 > 「生命のメッセージ展in崇徳学園」が開催されました

「生命のメッセージ展in崇徳学園」が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月22日更新

 犯罪・事故・いじめ・医療過誤・一気飲ませなどによって,理不尽に生命を奪われた犠牲者の方々が主役の「生命のメッセージ展in崇徳学園」が開催されました。
 このメッセージ展は,昨年5月に崇徳高等学校2年生が遭われたような,飲酒運転の車による死亡事故を二度と起こさないでほしいという想いで,崇徳学園の先生・生徒達が中心となって,開催されたものです。

 1 概 要

○日 時 平成24年11月3日(土曜日)
       9時00分~15時00分 
○場 所 崇徳学園講堂(広島市西区楠木町四丁目)
○主 催 生命のメッセージ展in崇徳学園実行委員会,特定非営利活動法人いのちのミュージアム 
○後 援 内閣府,文部科学省,法務省,広島県,広島県警察,広島県教育委員会ほか     
○参加者 1,905名(来場者数)

     このメッセージ展のパンフレットは,こちら (PDFファイル)(1.59MB)をご覧ください。
     また,「生命のメッセージ展」は全国各地で開催されています。詳細は「生命のメッセージ展」ホームページをご覧ください。

2 会場の様子

  開催当日は,大勢の方に参加していただきました。
 今回の「生命のメッセージ展in崇徳学園」が「日本一安全・安心な広島県」の実現につながるとともに,犯罪被害等に遭われた方々に対する支援の輪が一層広がることを願っております。
 

03 04

03 02

 会場では,犠牲者の方々と同じ背丈のオブジェや生徒全員が書いたハートのメッセージカード,
命への想いを綴った栞を吊るした「誓いの木」,巨大折り鶴が飾られていました。
 折り紙教育を考える会である「紙ニュケーション.net 和(ノキロ). 」から,2m四方の特注紙の提供や
制作指導について協力をいただき作られたものです。
 声なき犠牲者の方々からの,犯罪・事故等による被害撲滅のメッセージが伝わったものと思います。

05

 広島県庁でも,「生命のメッセージ展in崇徳学園」に先立って,プレ展示が開催され,
県庁来庁者に犯罪・事故等による被害撲滅が呼びかけられました。

    

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。