ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

結核に関するQ&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新
Q1 結核はまだ日本にあるの?
A1 昭和20年代には「国民病」と言われた結核も,生活水準の向上や医学の進歩によって,急速に改善されてきましたが,今でも日本で新たに結核と診断される人は,平成27年において全国で18,280人,広島県においても324人います。最近では,結核患者の高齢化が進んでおり,広島県では,60歳以上の患者が全体の約78%を占めています。また,若い世代の中で外国人結核患者が増加したり,不規則な治療により薬が効かなくなる耐性菌が出現するなど,まだまだ油断のできない状況です。

Q2 結核の原因はなに?

A2 結核は結核菌によって起こります。
 結核菌は,1882年にドイツの細菌学者コッホ氏が発見した抗酸菌の一種です。結核菌は長さ1~4マイクロメートル,幅0.3~0.6マイクロメートル(1マイクロメートルは1,000分の1ミリメートル)の棒状の菌です。酸やアルカリに対しては強い抵抗力がありますが,日光に含まれる紫外線や熱に弱い性質があります。


Q3 結核はどのようにして人にうつるの?
A3 結核患者が咳やくしゃみをした時に,飛び散るしぶきの中の結核菌が空中でふわふわ浮いているのを吸い込むことによって感染します。
 咳やくしゃみの中に菌を出していない軽症の場合は,人に感染させるおそれはありません。

Q4 感染したらすぐ結核になるの?
A4 感染したからといって必ず結核になるわけではありません。
 結核菌を吸い込んでも体の免疫機能により,体内に結核菌を閉じ込めます。この状態を「感染」(結核にうつった)といいます。そして,体の免疫力や抵抗力が低下したときに,閉じ込められていた結核菌が活動を始めます。これを「発病」(結核になった)といいます。
 「発病」するのは,「感染」した人の約1~2割といわれており,ほとんどは「発病」しないで一生を送ります。

Q5 結核は肺にできる病気なの?

A5 結核は肺をはじめ,それ以外の全身の臓器にもできます。
 結核菌は血液やリンパ液により体中の管を伝わって,胸膜,咽頭,腸,腎臓,膀胱,骨,皮膚などほとんどの臓器に病変を起こします。
 これらの肺以外の結核は「肺外結核」といわれ,結核全体の約2割です。


Q6 結核になっているのをどうやって見つけるの?

A6 「感染」と「発病」の違いについては,Q4で述べたとおりです。
 まず,「感染」(結核にうつった)を見つけるには,IGRA検査という血液検査を行います。この方法は,結核菌だけが作るタンパク質を用い,血液中のTリンパ球を刺激し,その時産生されるインターフェロンγを測定することで,結核に感染したかどうかを診断するものです。IGRA検査が現在の主流になるまではツベルクリン反応検査というものを行っていました。この検査は結核の予防接種であるBCGの影響を受けるため,結核菌に感染していなくても感染しているかのような反応が出てしまいましたが,IGRA検査のほうはBCGの影響を受けないという利点があります。
 次に,「発病」(結核になった)を見つけるには,まず,胸部のX線検査を行います。この検査の結果,異常な影が見つかった場合は,その影が結核菌によるものであるかを調べるために,痰の結核菌検査を行います。痰の中に結核菌が含まれているかどうかは,顕微鏡や培養検査により判定します。多くの場合は,これらの方法により「発病」(結核になった)を診断します。


Q7 結核になっていたらどうするの?
A7 結核の治療を受けることになります。
 結核菌は,一般的な抗生物質では死滅しないので,抗結核薬という特別な薬を用いて治療します。しかも,1種類の抗結核薬だけでは効果が低く,菌が耐性を獲得しやすいため,必ず3~4種類の抗結核薬を同時に服用します。
 通常,糖尿病などの合併症がなく,毎日確実に服薬すれば6~9か月間で治療は終了します。また,抗結核薬を長期に服用していると,副作用が表れる場合がありますが,自分の判断で服薬を中断したりしないで,必ず主治医へ相談してください。

Q8 結核になったら入院しないといけないの?
A8 痰の結核菌検査を行って,痰の中に結核菌が含まれていることが確認された方は,周囲の人へ感染させるおそれが強いため,原則,入院して治療します。入院中も検査を実施して痰の中に菌が出なくなれば,通院による治療となります。
 また,軽症で早期に発見された場合は,始めから通院による治療で済みます。

Q9 結核に関しては,どこに相談したらいいの?
A9 お近くの保健所へご相談ください。
 保健所では,結核と診断されて治療を受ける場合の医療費の公費負担制度や,家族や周囲の人への感染が心配な場合における健康診断,保健師による家庭訪問など,感染症法に基づいた様々な対応に取り組んでいますので,お気軽にご相談ください。保健所一覧

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。