ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

B型肝炎ワクチンの定期接種が始まりました

印刷用ページを表示する掲載日2016年10月1日

平成28年10月1日から,B型肝炎ワクチンの定期接種が始まりました

 平成28年10月1日から,B型肝炎ワクチンが定期接種となりました。

 対象の方が,接種を終えるまでには,おおよそ半年間かかります。

 特に,平成28年4月,5月生まれの方で,平成28年10月以降初めてB型肝炎ワクチンを受けられる方は,10月時点で,すでに生後5~6か月が経過しているため,接種スケジュールをよくご確認いただき,接種の機会を逃さないよう,注意してください。

対象者

 平成28年4月1日以降に生まれた0歳児

接種回数

 1歳になる前に3回
 (27日以上の間隔をおいて2回接種した後,1回目の注射から139日以上の間隔をおいて1回接種)

 ※ 1歳になってしまうと,定期接種の対象外となります。

標準的な接種期間

 生後2か月~生後9か月未満までの期間  

参考

・ 対象者は,無料で接種を受けることができます。
  詳細はお住まいの市(広島市は区)町の予防接種担当課などへお問い合わせください。

・ B型肝炎ワクチンのリーフレット(厚生労働省)

このページに関連する情報

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする