ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • トップページ
  • 働き方改革
  • 【全国初】広島県と広島県社会保険労務士会との間で『働き方改革の推進に係る連携協力に関する協定』を締結しました

【全国初】広島県と広島県社会保険労務士会との間で『働き方改革の推進に係る連携協力に関する協定』を締結しました

印刷用ページを表示する掲載日2018年2月6日

 広島県と広島県社会保険労務士会は,相互の連携協力を強化し,県内企業における働き方改革を促進するとともに,県内全体で働き方改革に取り組む機運醸成を図ることを目的として,平成30年2月6日,連携協力協定を締結しました。

 この協定によって,企業に近い労務管理の専門家である社会保険労務士にご協力いただき,県内の経済団体等とともに,多方面から企業経営者等に対して働き方改革に関する理解促進や行動変容に繋がる直接アプローチを行っていただくことで,上記の目的が達成されることを期待しています。

 なお,働き方改革推進を目的とした都道府県と社会保険労務士会との協定は,全国初です。

協定式

 協定の名称 

働き方改革の推進に係る連携協力に関する協定

協定締結の目的 

 県民が仕事や暮らしに抱く希望をあきらめることなく追求することができる『欲張りなライフスタイル』を実現するため,県内企業における働き方改革を促進するとともに,広島県と広島県社会保険労務士会は,緊密な連携と協働による活動を推進し,県内全体で働き方改革に取り組む機運醸成を図ることを目的としています。

連携事項 

 広島県と広島県社会保険労務士会は,次の項目について連携し協力します。

(1)働き方改革に取り組む県内企業の裾野拡大に関すること。

(2)働き方改革に取り組んでいる県内企業の優良事例の見える化・情報発信に関すること。

(3)県内全体で働き方改革に取り組む機運醸成を図ること。

(4)県内企業における女性の活躍促進に寄与する取組に関すること。

(5)県内企業の人材確保及び生産性向上に寄与する取組に関すること。

(6)その他働き方改革の推進に関すること。

 ダウンロード

協定書 (PDFファイル)(67KB)

具体的連携事項(平成30年2月現在) (PDFファイル)(178KB)

(参考)広島県社会保険労務士会の概要

社会保険労務士法に基づく法定団体(全国47都道府県の区域ごとに設立)

所在地

広島市中区橋本町10-10 広島インテスビル5階

代表者

林 利憲

会員数

社会保険労務士800名 (H29.12.31現在)

主な活動(H30.2現在)

会員に対する研修,県内企業・労働者等に対する労務管理,年金に関する総合相談・セミナー開催,年金相談センター広島・福山の運営 等

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする