ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県議会トップページ > 観光資源活用促進対策特別委員会審議概要(平成24年7月~平成25年6月)

観光資源活用促進対策特別委員会審議概要(平成24年7月~平成25年6月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月18日更新

平成24年7月2日選任
平成25年7月2日消滅

開会状況等
平成24年9月28日 平成25年2月6日~8日(現地調査) 平成25年2月14日 平成25年6月12日

平成25年6月12日開会分

報告事項

1 観光資源活用促進対策に係る主要事業について(商工労働局,総務局,土木局,農林水産局,環境県民局)
2 「ピース・アーチ・ひろしま」プロジェクトについて(環境県民局)
3 「ひろしま」ブランドの価値向上に向けた取組について(「ひろしま」ブランドの現状)(商工労働局) 
4 中山間地域観光振興推進事業について(商工労働局) 
5 瀬戸内しまのわ2014について(商工労働局) 
6 World Peace Concert “HIROSHIMA”2013の実施内容について(環境県民局)

主要な質疑事項

1 ナショナルサイクリングロードについて
(1) 国に対する無料化の要望状況について          
(2) 無料化に伴う地方の負担に対する本県及び愛媛県の考え方について
(3) 無料化の実施時期について               
(4) 「世界水準」の意味について              
(5) 国際的なサイクリング大会開催の検討状況について     

2 瀬戸内ブランド推進連合について   
(1) 他県と連携した事業の進め方について
(2) 十分な組織体制の確保について(要望)

3 全国菓子大博覧会・広島の成果と課題について   

4 宿泊型観光の促進について        
(1) 宿泊型観光の今後の取り組みについて
(2) おもてなしの充実について(要望)

5 「ピース・アーチ・ひろしま」プロジェクトについて
(1) 暑さ対策とおもてなしの充実について      
(2) 民間が行うコンサートとの違いについて         
(3) 参加アーチストの積極的な活用について(要望)     
(4) 観光とのセットによるチケット販売について 

6 「ひろしま」ブランドの価値向上に向けた取り組みについて 
(1) 調査結果に基づく推進方策について
(2) 「観光」と「平和」とを分けた取り組みについて(要望)

7 広島空港の利用状況について             
(1) ビジネス客・観光客別の利用者数について
(2) 広島空港開港20周年イベントを活用した地域の観光振興について(要望)

8 瀬戸内しまのわ2014における市町との十分な連携について(要望)

9 広島空港におけるLCC利用に向けた取り組みの現状について

10 瀬戸内海におけるマリンスポーツを活用した観光客の誘致について
(1) 瀬戸内海におけるマリンスポーツの現状把握の状況について
(2) マリンスポーツを活用した観光客誘致に対する課題について
(3) 県によるマリンスポーツを活用した観光客の誘致について(要望)

11 SNSを活用した観光振興について     

12 海外に向けた観光アピールについて   
(1) 原爆ドームがアメリカの旅行サイトから高評価を獲得したことについて
(2) 瀬戸内海の多島美について
(3) 瀬戸内海への海外からの来客が少ないことについて
(4) 海外に向けた観光広報について
(5) 観光資源のブラッシュアップについて(要望)

13 地域の日常生活の向上を念頭に置いた観光資源づくりについて(意見)

14 他県と連携した観光の推進について(意見)       

15 農産品の海外への販路開拓について(意見)       

平成25年2月14日開会分

参考人意見陳述

1 大谷 育平 参考人(株式会社西日本日中旅行社 代表取締役社長)
  「現在の日中関係から見た日本への観光客の現状と将来について」

2 篠原 和彦 参考人(トップツアー株式会社 中四国ブロック長(兼)広島支店長)
  「広島の市場としての魅力と課題について」

3 川崎 育造 参考人(一般社団法人尾道観光協会 会長)
  「観光都市尾道の現状と課題さらに県への要望について」

意見交換

1 広島県の観光振興の取り組みに対する所感について

2 中国からクルージング客を呼び込むための取り組みについて

3 瀬戸内海に大型クルージング船が入れないことについて

4 スポーツを活用した誘客の可能性について

5 瀬戸内海の観光におけるリゾートホテルの有無の影響について

6 中国人観光客誘致に対する今後のあり方について

7 中国において日本の認知度が低い理由について

平成25年2月6日~8日 現地調査の概要

調査日

平成25年2月6日(水曜日)~8日(金曜日)

調査場所

2月7日(木曜日)

グアムサイクリング連盟(545 Chalan San Antonio Suite 101,Tamuning Guam 96913)※今回訪問先はPACIFIC ISLANDS CLUB GUAM(210 Pale San Vitores Road, Tumon, GUam 96913)
グアム政府観光局(401 Pale San Vitores Road Tumon, Guam 96913)
フィッシュアイマリンパーク(818 North Marine Corps Drive, Piti, Guam 96915)

2月8日(金曜日)

福岡県議会(福岡県福岡市博多区東公園7-7)

調査事項

グアムサイクリング連盟

・外国人観光客誘致の取り組み等について

 グアムで国際的なサイクリングレースの主催等を行っている同連盟の活動状況を通じて、サイクリング人気の動向やサイクリングが観光客誘致に及ぼす効果等について調査した。

グアム政府観光局

・外国人観光客誘致の取り組み等について

 日本をはじめ世界から多くの観光客が訪れる、世界有数の観光地であるグアムの観光担当部署である同局の活動を通じて、外国人観光客誘致の取り組みや受け入れ態勢の整備状況等について調査した。

 フィッシュアイマリンパーク

・外国人観光客の動向や受け入れ態勢等について

 複合的なマリンレジャー施設である当地を訪れる外国人観光客の動向や受け入れ態勢等について調査した。

福岡県議会

・観光客誘致の取り組み等について

 国内及び韓国をはじめ東アジア等国外からも多くの観光客を受入れている福岡県における観光客誘致の取り組み等について調査した。

平成24年9月28日開会分

報告事項

1 観光資源活用促進対策に係る主要事業について(商工労働局,総務局,土木局,農林水産局)
2 広島ブランドショップについて(商工労働局)
3 大型観光キャンペーンについて(商工労働局)
4 広島県及び全国の観光客の動向について(商工労働局)
5 瀬戸内ブランド推進協議会における広域連携事業の実施について(商工労働局)

主要な質疑事項

1 中国における反日デモの影響について
 (1) 中国人観光客の動向及び県内への影響について
 (2) 中国路線等の現状について
 (3) 県としての対策について
 (4) 現在の日中情勢が長期化した場合の対応について

2 「全力歓迎課!」の取り組みにおける市町等との連携について

3 九州新幹線開通の効果等について
 (1) 開通効果の分析について
 (2) 九州新幹線沿線における観光PRの取り組みについて
 (3) 沿線における今後の観光施策について

4 インバウンド対象国・地域に対する取り組みについて

5 とびしま海道におけるサイクリングロード整備について

6 中国・韓国・台湾以外のアジア地域等へのプロモーション活動について

7 滞在型・体験型観光の取り組みについて

8 実写版映画等のロケ誘致について(要望)

9 人をクローズアップした観光の取り組みについて(要望)

10 観光振興に取り組む意義等について

11 総観光客数を目標数値とする理由について

12 「瀬戸内 海の道構想」の推進体制について

13 海フェスタの来場者数等数値の適切な扱いについて(意見)

14 瀬戸内しま博覧会(仮称)について
 (1) 県内市町との連携方法について
 (2) 対象エリアが広がることによるデメリットについて
 (3) めり張りをつけた取り組みについて(意見)
 (4) 活力ある地域づくりに視点を置いた観光施策の取り組みについて