ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県議会トップページ > 決議(北朝鮮による韓国・大延坪島砲撃に抗議する決議)平成22年12月定例会

決議(北朝鮮による韓国・大延坪島砲撃に抗議する決議)平成22年12月定例会

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

決議
北朝鮮による韓国・大延坪島砲撃に抗議する決議

 北朝鮮は11月23日午後に、突如として韓国の島・大延坪島及びその周辺海域に向け、約170発もの砲撃を行った。その被害は、韓国軍の基地及び兵士のみならず一般市民や市街地にも及んでいる。このような、まさに無差別とも呼べる砲撃は言語道断の暴挙である。北朝鮮がたとえどのような言いわけをしようとも、一般市民を巻き込む武力による挑発行為は、決して許されない。朝鮮戦争の休戦協定は遵守されなければならず、今回の北朝鮮による韓国に対する砲撃は、国際社会としても看過できない挑発行為である。よって、本県議会は、今回の北朝鮮の砲撃を強く非難するとともに、北朝鮮が核兵器の開発も含め、あらゆる軍事的な挑発行為を放棄することを強く求める。また、政府においては、北朝鮮のたび重なる軍事的暴挙に対して、国際社会と緊密に連携しながら、北朝鮮に対する新たな制裁措置等を検討するなど、国際平和と安全の確保のため最大限の外交努力を尽くすことを強く要請する。

以上、決議する。
平成22年12月21日

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。