ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県議会トップページ > 意見書(「化学兵器の疑いのある物」の調査等に関する意見書)平成21年5月臨時会

意見書(「化学兵器の疑いのある物」の調査等に関する意見書)平成21年5月臨時会

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

発議第4号
意見書
「化学兵器の疑いのある物」の調査等に関する意見書

 本年1月、約20個の円筒状の物体が広島県竹原市大久野島沖で発見され、「化学兵器の疑いのある物」として、海上自衛隊から内閣官房及び環境省に対して通報されるとともに、第六管区海上保安本部から地域航行警報が発出されたところである。しかしながら、発見後4カ月が経過した現在においても、国においては、この不審物の処理について何ら具体的な取り組みがなされておらず、このまま放置する状態が続けば、県民の不安が解消されないばかりか、風評被害等による地域産業への影響も懸念される。よって、国におかれては、一刻も早く県民の安全・安心を確保するため、次の事項について、国の責任において適切に対処されるよう強く要望する。

  1. 「化学兵器の疑いのある物」について早急に調査を実施すること。
  2. 調査結果が判明するまでの間、安全を確保するための措置を徹底すること。
  3. 調査の結果、毒ガス弾等であると判明した場合は、直ちに撤去するなど適切な措置を講じること。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
平成21年5月29日

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。