ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県議会トップページ > 意見書(地方の人口減少を克服するための施策の推進を求める意見書)平成27年2月定例会

意見書(地方の人口減少を克服するための施策の推進を求める意見書)平成27年2月定例会

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月12日更新

発議第1号
意見書
地方の人口減少を克服するための施策の推進を求める意見書

 我が国が今日、少子高齢化や人口・経済などの東京一極集中の進行により、世界に先駆けて、未曽有の「人口減少・超高齢社会」を迎える中で、地方の主体性の発揮による、地域の資源や特性を最大限に活用した創意工夫ある取り組みが強く求められている。
 こうした中、現在、本県では、「ひろしまファミリー夢プラン」を策定し、少子化対策としての結婚・妊娠・出産支援、多様な乳幼児保育・教育の確保などの子育て支援、そして仕事と子育ての両立支援や女性の就業支援などの女性の活躍促進への支援を切れ目なく総合的に推進することとしている。
 しかしながら、東京一極集中を是正し、「地方から中央」への人の流れを「中央から地方」に変えていくためには、地方創生による魅力ある地域づくりを進めると同時に、これらの少子化対策や子育て支援、女性が働きながら子育てできる社会環境づくりを一体的な施策として国全体で推進し、若い世代の結婚、出産、子育て、就労の希望を地方で実現できるよう取り組んでいく必要がある。
 よって、国におかれては、地方の創意工夫により、地域の実情に即した少子化対策、子育て支援及び女性の活躍促進を切れ目なく一体的に推進できるよう、財源の確保を含むきめ細かな支援をされるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成27年3月10日