ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県議会トップページ > 県議会の活動と運営

県議会の活動と運営

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月13日更新

 県議会は、県民生活に関わるさまざまな案件について検討・調査するだけでなく、県民の意思を県政に反映させるためのさまざまな活動を行っています。

定例会・臨時会

 定例会は、年4回、知事の招集により開催されます。臨時会は、特に緊急な事案が生じたとき、または、議員定数の4分の1以上の議員から請求があったときに招集されます。なお、会議の日数(会期)は、そのつど、議会で決められます。

県議会年間スケジュール表<定例会の開催時期は少し変わることがあります。>

県議会年間スケジュール表

本会議・委員会

組織図

本会議

 本会議とは、全議員で構成する会議のことで、すべての議案に対する議会の最終的な意思を決定します。会議は、議員定数の半数以上の議員が出席したとき、議長の宣告により開会され、議長が、その日の議事日程に従い、会議を進めます。

委員会

議会運営委員会

 議会の円滑な運営を図り、議会内各会派間の連絡調整を行います。

常任委員会

 議会開会中に本会議に提出された議案などを、専門的に審査・調査します。県の仕事を部局毎に分けて、6つの委員会が置かれ、議員は必ずいずれかの委員会に所属しています。なお、議会閉会中においても、月1回程度、担当する行政施策の審査・調査を行います。

特別委員会

 特定の事項を審査・調査するため、必要に応じて本会議の議決によって設置されます。なお、2月定例会では、予算関係を集中審査するための予算特別委員会が、9月定例会では、決算関係を集中審査するための決算特別委員会が設置されます。

議会閉会中の活動

 県議会では、閉会中も、委員会や各種の会議を開いて、県の執行機関やその他の関係者と話し合ったり、研究調査のための視察を行ったり、県民の意思を県政に反映させるための種々の活動を行っています。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。