ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県議会トップページ > 第5回知事後援会の政治資金規正法違反問題等に関する調査会の概要について

第5回知事後援会の政治資金規正法違反問題等に関する調査会の概要について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

1 期日

 平成18年5月10日(水曜日) 14時00分~14時35分

2 場所

 第3委員会室

3 出席委員

  • 座 長 平 浩介
  • 委 員 松浦幸男,岡崎哲夫,林 正夫,蒲原敏博,田辺直史,窪田泰三,石田幹雄,門田峻徳

4 議事事項

(1)申告書の再質問に対する回答について

 提出された回答(「初公判の冒頭陳述で知った」「対策費や現金の提供ではない」)に対する意見はなく,当調査会としては,「対策費若しくは現金の提供の事実」については,「それを受け取った」,あるいは「その存在を知っている」と申告した議員はいなかったと確認をした。

(2)法律の専門家に対する質問項目及び招致について

  • 広島大学法科大学院石口俊一教授を次回の調査会に招致することとした。
  • 進め方は,まず座長が質問し,関連質問があれば各委員が行うこととした。
  • 質問項目の追加
    「地方裁判所の判決で「対策費」の存在が司法当局によって認められたものと理解している者がいるが,この理解でよいのか。」を追加することとした。

(3)公共事業の受注実績とパーティー券の購入との関係について

 平成14年度受注実績上位10社にパーティー券購入枚数を確認することとし,協力を得られたものについて,会社名は非公開で受注実績と購入枚数を公表することとした。

(4)訴訟記録の閲覧について

 訴訟記録の閲覧が可能となり次第,直ちに座長が閲覧請求の手続きをすることとした。

(5)その他

1 元県議会議員に対する聞き取り調査について

 当調査会でできうる限り調査を行うということで,元県議会議員に対しても対策費を中心に調査依頼をすることとした。

2 知事後援会長等の調査について

 平成5年以降の知事後援会会長,選挙関係者等に対し,座長から聞き取り調査を行うこととした。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。