ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

8月5日(土曜日)・6日(日曜日)平和祈念式典関連行事に出席しました。

印刷用ページを表示する掲載日2017年8月8日

8月5日(土曜日),平和記念式典歓迎夕食会に出席しました。

80か国と欧州連合代表部から大使の方々など125名が出席されており,平和について語り合いました。

全体語り合いアルメニア大使夫妻と

翌日の8月6日(日曜日),広島市原爆死没者慰霊式並びに平和記念式に出席し,献花を行いました。

こども代表の平和への誓いの中で,「平和を考える場所,広島。平和を誓う場所,広島。未来を考えるスタートの場所,広島。未来の人に戦争の体験は不要です。しかし,戦争の事実を正しく学ぶことは必要です。」とありました。

ある年のマスコミ調査では,「広島への原爆投下日はいつか」という問いに,「8月6日」と正しく答えられたのは広島でも7割,全国では3割しかいなかったそうです。

「8月6日」が持つ意味に改めて向き合う必要があると考えた1日でした。

この記事をシェアする

  • 議長あいさつ
  • 議会カレンダー
  • みんなの県議会
  • 県議会からのお知らせ
  • インターネット中継
  • 議事録と閲覧と検索外部リンク
  • 県議会の情報公開