ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
google

がん登録

広島県の取り組み がん対策推進計画

がん登録

  がん登録とは        広島県のがん登録の状況        がん登録精度の向上        院内がん登録

がん登録とは

 がん患者を対象に,診断情報及びその他の情報源から,あらかじめ定めた項目について,情報を収集,整理,蓄積し,それを集計,解析することにより,がん医療,がん予防,がん対策を支援,把握,評価する活動をいいます。

  ページの先頭へ

広島県のがん登録の状況

 広島県では,平成14(2002)年から県内で発生するがんの特性を把握し,予防活動の有効性及びがん医療水準の評価等を目的とした「広島県地域がん登録事業」(以下「地域がん登録事業」という。)を実施してきました。
 さらに,広島県では,広島県医師会が,広島市内の医療機関を中心に昭和48年から実施してきたがんの病理診断に関する登録情報「広島県腫瘍登録事業」(以下「腫瘍登録事業」という。)を地域がん登録データに統合補完した,より精度の高い独自の「広島県地域がん登録システム事業」として運営しています。

  ページの先頭へ

がん登録精度の向上

 地域がん登録のデータを十分に活用するためには,登録の精度を向上させることが重要であり,がん患者に関する情報を可能な限り網羅的に登録収集し,登録漏れをできる限り少なくする必要があります。
 登録漏れの程度を示す指標として,具体的には,診断や治療時点での病院からの登録がないままがんで死亡し,市町に届けられた死亡票(死亡診断書)情報で初めて報告されるがん患者の割合(DCN)を20%以下に抑える必要があるとされています。

 広島県の地域がん登録事業では,協力医療機関の増加等により,DCNが6.6%となりました。また,平成20年度から診断や治療情報を補足するための遡り調査を実施してきたことにより,死亡情報のみで把握されたがん患者の割合(DCO)が2.6%になるなど,全国でもトップクラスの登録精度が保たれています。

地域がん登録の精度(平成24年集計)

区分広島県
DCN6.6%DCN : 死亡情報で初めて把握されたもの
DCO2.6%DCO : 死亡票のみで登録されたもの
IM比2.52IM比 : 罹患数と死亡数の比率(罹患数/死亡数)

  ページの先頭へ

院内がん登録

 がん登録事業を効率的に進めるためには,「院内がん登録」の普及が重要です。がん診療連携拠点病院では,標準登録様式による「院内がん登録」の整備が求められており,現在,県内のすべての拠点病院において標準登録様式の「院内がん登録」が実施されています。
 今後は,「院内がん登録」を活用した治療実績等の公表について,充実を図ることが必要となっています。


広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp