ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
google

緩和ケア|緩和ケアとは|基本的方向

がんと向き合う 緩和ケア・がん相談

緩和ケア推進の基本的方向

・在宅緩和ケアと施設緩和ケア ・がん患者におけるQOL(生活の質)の重視
・施策の基本的な方向

在宅緩和ケアと施設緩和ケア

緩和ケアは,患者の自宅(※居宅系施設を含む)で行う「在宅型」と,病院等に入院して行う「施設型」に大きく分けることができます。

在宅緩和ケアは,住み慣れた地域で,かかりつけの医師や訪問看護師,ホームヘルパーなどがチームを組み,24時間連絡体制のケアを提供します。

施設緩和ケアは,緩和ケア病棟を中心に行われます。一般的に,緩和ケア病棟は,一般病棟に比べて部屋のスペースが広く,看護スタッフも多く配置されています。また,家庭的な雰囲気の中で過ごせるように,家族室やファミリーキッチンなど専用の設備を備えています。

※居宅系施設
認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)
短期入所介護事業所(ショートスティ)
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
特定施設入居者生活介護事業所
外部サービス利用型特定施設入居者生活介護事業所 等

  ページの先頭へ

がん患者におけるQOL(生活の質)の重視

 近年の患者の意識変化等により,「生命は何よりも尊い」(sanctity of life, SOL)という基本的な認識に立った上で,単に生きるだけでなく,「人間らしい生活の質(quality of life, QOL)を保証する」という考え方が重視されるようになってきています。

緩和ケアは,がんの初期の段階から治療と並行して適用すべきですが,特に,治癒の見込めないがん患者には,残された日々を人間としての尊厳を保ちつつ,充実した日々を送るために,これを利用することが選択肢の一つとなります。

  ページの先頭へ

施策の基本的な方向

患者の生き方や意思を尊重した緩和ケアの推進

  患者のQOLに配慮した良質なサービスの提供
 ~患者・家族への説明と同意(インフォームド・コンセント)の徹底~

  患者自身の意思を尊重した緩和ケア提供体制の構築
 ~患者・家族が適切な療養環境を選択するための情報提供~

在宅及び施設における総合的な緩和ケアの推進

  患者が家族とともに充実した生活を送ることを可能とする在宅緩和ケアの推進

  病状急変時への対応等,在宅緩和ケアを後方支援する施設緩和ケアの充実

保健・医療・福祉の連携による質の高い緩和ケアの推進

  保健・医療・福祉を包括したチームケア体制とネットワークの構築

  地域資源の有機的連携の推進

  緩和ケアに携わる保健・医療・福祉の専門職の人材育成の推進


広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp