ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
google

緩和ケア|緩和ケアとは|推進の背景

がんと向き合う 緩和ケア・がん相談

緩和ケア推進の背景

 ・がんによる死亡者の増加  ・がん患者の抱える痛み

がんによる死亡者の増加

 本県のがんによる死亡は,昭和54(1979)年に死因の第1位となって以来,その順位を降りることなく増え続け,平成21(2009)年には,7,749人ががんで死亡し,全死亡者数の約3割を占めています。

さらに,がんの罹患率は,加齢とともに高くなることから,急速な人口の高齢化に伴い,今後とも,がんを原因とする死亡者の数は,増加するものと考えられます。

最近の医療技術の発展・高度化により,多くの病気が治療できるようになり,がんの治療法も日々進歩し続けていますが,最新の医療技術を駆使しても治療できないがんもあるなど,治療に限界があることも明らかになってきました。

  ページの先頭へ

がん患者の抱える痛み

がん患者の抱える痛みの図

身体的痛み・・・

からだに生じる様々な痛み
他の症状(だるさ,食欲不振,不眠など)
いつもの生活をしようとすると痛みを感じて,思うように動けない

社会的痛み・・・

仕事のことが気になる
収入がなくなって心配だ
家族たちがうまく生活できるだろうか
人とのつきあいがうまくできなくなった
遺産をどのようにしたらいいだろう

精神的痛み・・・

不安で胸がいっぱい
イライラしておちつかない
ひとりぼっちになった感じがする
なにもする気がおこらない
言いようのない怒りがこみあがる

実存的痛み・・・

これでも生きる意味があるのか
なぜ私がこんな目にあうのか
なぜこんなに苦しまなければならないのか
どうすれば,これまでの過ちが許されるのか


広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp