ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
google

【県内医療機関の皆様へ】がん検診受診実態調査にご協力ください

トップページ>がん検診受診実態調査

『がん検診受診実態調査』にご協力ください 

調査の趣旨

 広島県では,がん対策の柱の1つとしてがん検診の受診促進を掲げ取組を進めています。
 それらの取組の基礎データを得るため,昨年度に引き続き,県内のがん検診受診状況を調査します。

調査概要

◆ 広島県では,県内の医療機関を対象に,昨年度(平成26年度)のがん検診受診者数について,次の方法により調査します。
◆ 広島県から委託している業者から調査票が送付されますので,御理解・御協力をいただき,御回答くださいますようお願いいたします。

調査票発送時期

 平成27(2015)年12月上旬 

調査票回収時期

 平成28年(2016)年1月7日(木)まで
 ※調査票に同封している返信用封筒によりご返送下さい。

調査実施主体

 広島県 (がん対策課)

調査依頼先

 県内の病院・診療所

調査委託事業者

 株式会社アシスト
 (広島市中区大手町3-13-18)

調査方法

 調査は,広島県から民間事業者へ委託し,委託事業者(株式会社アシスト)から県内医療機関へ調査票を送付(回収)して実施します。

調査内容

 昨年度(平成26年度:平成26年4月1日~平成27年3月31日)における「胃がん,肺がん,大腸がん,乳がん,子宮頸がん」検診の40歳以上(子宮頸がんについては20歳以上)の方の受診者数を,男女別,検査方法別に調査します。
 本調査では,「検診(人間ドックを含む)」として実施したものを対象としています。

<参考:本調査の必要性>

 がん検診の受診状況の把握に当たっては,現在,次の2つの調査がありますが,県民全体の受診状況を捕捉したものではないことから,より効果的な受診率向上対策を行うためには,受診実態を的確に把握する調査を行う必要があります。
 このため,広島県では県民ががん検診を受診されている医療機関への受診者数調査を定期的に実施し,貴重な基礎データとして活用させていただくものです。

地域保健・健康増進事業報告
(厚生労働省)
国民生活基礎調査
(厚生労働省)
実施時期・毎年・3年に1回
公表時期・翌年度末・翌年度(11月~12月)
実施概要・市町が,市町実施のがん検診の受診者数等の状況を報告・全国の国勢調査区から無作為抽出した地区内の全ての世帯及び世帯員にがん検診受診状況を調査
課題・市町が実施するがん検診のみ対象となるため,職域で実施される検診の受診状況等は反映されない。・サンプル調査であり,実数ではない。
・毎年実施ではなく,時期を得た利活用が不十分。

↓
県内の受診実態をより的確に把握することが必要!

「広島県がん検診受診実態調査」の実施

お問い合わせ

調査票の送付先

 株式会社 アシスト
 広島市中区大手町3-13-18
 電話:082-541-5910
 FAX:082-541-5889

調査に対するご質問

 広島県がん対策課
 広島市中区基町10-52
 電話:082-513-3063
 FAX:082-223-3573
 メール:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp


広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp