ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
google

県独自の「がん診療連携拠点病院」を指定しました 

トップページ病院を探す>県独自の「がん診療連携拠点病院」を指定しました

病院を探す ひろしまのがん医療

県独自の「がん診療連携拠点病院」を指定しました

■趣旨

広島県では,高度ながん医療機能を有し地域の医療連携の中核的役割を担う病院を「広島県指定がん診療連携拠点病院として指定し,地域におけるがん医療水準の更なる向上を促すとともに,県民の適切な医療機関の選択を支援しています。
このたび,新たに「独立行政法人労働者健康福祉機構 中国労災病院」を広島県指定がん診療連携拠点病院として指定しました。(指定開始日は平成24年3月1日から)

■指定病院

病院名

所在地

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院呉市西中央2-3-28 
独立行政法人労働者健康福祉機構 中国労災病院呉市広多賀谷1-5-1
尾道市立市民病院尾道市新高山3-1170-177 
独立行政法人国立病院機構 福山医療センター福山市沖野上町4-14-17 
公立学校共済組合 中国中央病院 福山市御幸町大字上岩成148-13 

■県指定制度の概要

 名称

 広島県指定がん診療連携拠点病院

 役割

・がん医療に関し,専門医による手術,化学療法,放射線治療,緩和ケアなどを総合的に実施する
・「国指定病院」と連携しながら,「広島県がん医療ネットワーク」の運営など,地域におけるがん医療連携の中核的役割を担う

 指定要件
(効果等)

・診療機能等は国制度に準拠
診療機能専門医や専門技師等の配置
放射線治療装置の整備
緩和ケアの提供 等
指定により期待される効果・質が高く高度ながん医療の提供

・高度ながん医療施設情報の周知による患者の選択肢の拡大

・かかりつけ医等地域の医療機関のレベルアップ

・円滑な医療連携体制の構築 等
医療支援機能早期診療等に関する研修
合同カンファレンスの開催
地域連携パスの整備 等
情報提供

患者支援機能
 院内がん登録等の実施

■参考

県独自のがん診療連携拠点病院制度の創設について
がん診療連携拠点病院とは
広島県指定がん診療連携拠点病院指定要綱 (PDFPDFフ(216KB)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp