ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島都市圏医療の現状

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月20日更新

広島都市圏の現状・将来推計

広島都市圏の現状・将来推計のまとめ

  • 医療機関の役割分担が明確でない。

  • 基幹病院と市中病院の垂直連携は十分ではない。

  • 若手・中堅の医師が減少している。

  • 若手医師は,多くの症例を経験できる環境を重視している。

  • 高齢化の進展とともに,入院患者が増加する。

  • 循環器系疾患など,高齢期に特徴的な疾患が急増する。

  • 新生児疾患など,周産期系の疾患は減少する。

  • 医療費は右肩あがりで増え続けている。