ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県再生可能エネルギー推進構想(仮称)検討会報告書について

印刷用ページを表示する掲載日2012年4月23日

県民参加型基金を活用した,再生可能エネルギー普及促進

再生可能エネルギーとは

 一度利用しても比較的短期間に再生が可能であり,資源が枯渇しないことから,石油等に代わるクリーンなエネルギーとして,さらなる導入・普及が期待されています。

広島県再生可能エネルギー推進構想(仮称)検討会とは

 広島県の地域特性を活かしながら,再生可能エネルギーの普及促進方策等を検討するために,平成23年10月に設置されました。
 学識関係者,関係業界,団体,行政関係者により構成されています。

報告書の位置づけ

 県や県民の出資に加え,投資家などから資金を集めて基金をつくり,県内の一般住宅に太陽光発電パネルを設置することによって,太陽光発電の普及を促進する仕組みを報告書にまとめました。
 県では,検討会の報告を受けて,具体的な事業化に向けての取組みを検討しています。

本編
要約版

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする