ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > 牛小屋高原集団施設地区 西中国山地国定公園

牛小屋高原集団施設地区 西中国山地国定公園

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新
公園名牛小屋高原集団施設地区公園区分西中国山地国定公園
所在地山県郡安芸太田町横川面積35.2ha
自然環境県内最高峰恐羅漢山の東側山腹部に位置。
ブナ,ミズナラ等の広葉樹,アカマツ群落等の自然林など。
設置目的西中国山地国定公園の恐羅漢山東側山腹部の牛小屋高原一帯の重要な利用拠点として,家族やグループで自然体験を通じて自然とふれあい,自然から学ぶことを目的に設置(平成13年7月供用開始)
施設配置の趣旨
  • 野外活動を営むためのキャンプ施設や収容能力に応じたトイレ・炊事棟の設置。
  • 森林浴を目的とした遊歩道,芝生園地の配置。
  • 環境学習等のための会議室の設置






施設名整備年度
オートキャンプサイト(31区画)平成12年
フリーサイト(1,652m2平成9年
ケビン(5棟)・テントデッキ(4区画)平成10年
センターハウス(会議室・シャワー室等)平成10年
管理棟昭和59年
休憩所(3棟)平成8年,12年
水洗トイレ(5棟)昭和59年,平成12年
炊事棟(5棟)昭和59年,平成12年
多目的広場,ふれあい広場,水車小屋(1棟),滅菌小屋(1棟),駐車場




駐車場(町整備)
管理者株式会社 恐羅漢管理方法指定管理者制
利用者数90千人(恐羅漢山含む)主な利用目的野外活動(キャンプ)
アクセス方法中国自動車道戸河内ICから車で30分
問合せエコロジーキャンプ場管理棟 電話0826-28-7270 http://www.osorakan.co.jp/


牛小屋配置図

ケビンケビン牛小屋高原牛小屋高原