ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮島 瀬戸内海国立公園

印刷用ページを表示する掲載日2018年3月12日

おしらせ

現在 新しいお知らせはありません。

公園の概要

公園名 宮島 公園区分 瀬戸内海国立公園・都市公園
所在地 廿日市市宮島町 面積 422.2ha
自然環境 全島が国立公園になっており,特別史跡,特別名勝にも指定されている。とくに厳島神社とその周辺は,日本三景の一つとして国の内外に親しまれ,世界文化遺産にも登録されている。文化景観と周辺の景観が相まって特徴ある景観を呈するとともに,瀬戸内海の多島海景観を構成する島で弥山を主峰とする原始林など豊かな自然が残されている地域である。
設置目的 瀬戸内海景観の展望と弥山への登山や自然散策,歴史探勝の利用促進
施設配置の趣旨 瀬戸内海の多島海景観を眺望できる展望地(弥山原始林)への登山道の整備及び弥山展望所を設置するとともに,数多くの特別史跡等への標識類の整備,各要所での休憩所等を設置した。






施設名 整備年度
展望休憩所1棟 平成25年
休憩所8棟 昭和48年~平成16年
トイレ12棟 昭和43年~平成16年
倉庫,標識類,歩道,野外卓,ベンチ




うぐいす道路:国
休憩所:国
標識類:廿日市市
管理者 廿日市市 管理方法 管理委託
利用者数 3,437千人(包ヶ浦含む) 主な利用目的 散策(自然風景観賞),登山
アクセス方法 JR「宮島口」駅下車,船で10分 
問合せ 宮島観光協会 電話0829-44-2011

 

展望休憩所の利用可能時間
  エリア 利用時間 備考
1階 トイレ

10時00分~16時00分

 

休憩所 10時00分~16時00分 時間外は施錠
2階 休憩所
屋上 展望スペース

 位置図

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする