ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > ◎自然公園等あり方検討報告書

◎自然公園等あり方検討報告書

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

自然公園等のあり方に関する検討報告書

 平成20年3月10日

1 趣 旨

 社会経済状況の変化や少子高齢化の進行,地方分権の進展など,自然公園等を取り巻く状況が大きく変化している中で,今後、どのように保護と利用を進めていくか,また,そのために必要な施設の効率的な管理運営のあり方について検討するため設置した,「県立自然公園等施設あり方検討会」から,検討報告書が提出されました。

県立自然公園等施設あり方検討会

2 検討報告書の骨子

【検討の視点】

 保護と利用を進めるための公園づくりとは,行政や県民,企業等団体が,それぞれの役割を担いながら,保護し利用していくための仕組みづくりであり,自然公園等の役割を整理した上で,見直すものは見直し,厳しい財政状況にあっても,必要なものは維持し,より活用していくという考え方が必要である。

【検討会の主な意見】

検討会の主な意見

3 今後の対応

 検討会の意見を踏まえながら,今後の自然公園施策の推進に努めます。

検討報告書の概要(PDF)

  

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)