ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > (ecoひろしま)☆広島県環境保全地域等の指定の対象地域・指定による規制

(ecoひろしま)☆広島県環境保全地域等の指定の対象地域・指定による規制

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

広島県自然環境保全地域等の指定対象地域・指定による規制について

●広島県は,緑豊かな中国山地や多島美を誇る瀬戸内海をはじめ,保全すべき多様な自然環境を有しています。
 これらの自然環境は,長い歴史の中で育まれた私たち県民のかけがえのない財産です。
 こうした貴重な自然環境を守り,次第に引き継いでいくために,広島県では,「広島県自然環境保全条例」(昭和47年12月制定)及び「広島県自然海浜保全条例」(昭和55年3月制定)を制定し,自然環境の適正な保全を総合的に推進しています。

指定の対象地域及び指定による規制=

 1 県自然環境保全地域

(1)指定の対象地域 

 次のいずれかの区域のうち,自然的社会的諸条件からみてその区域における自然環境を保全することが特に必要な地域を指定します。ただし自然公園に指定された区域は除きます。

  1. 高山性植生又は亜高山性植生が相当部分を占める森林又は草原の区域
    (面積が100ヘクタール以上のもの)
  2. すぐれた天然林が相当部分を占める森林の区域
    (面積が10ヘクタール以上のもの)
  3. 地形や地質が特異なものや特異な自然現象が生じている土地の地域及びこれと一体となって自然環境を形成している土地の区域
    (面積が2ヘクタール以上のもの)
  4. その区域内に生存する動植物を含む自然環境がすぐれた状態を維持している海岸,湖沼,湿原や河川の区域
    (面積が2ヘクタール以上のもの)
  5. 植物の自生地や野生動物の生息地などの区域で自然環境が1から4に掲げる区域の自然環境に相当する程度を維持している区域
    (面積が1ヘクタール以上のもの)

(2)指定による規制

1 特別地区における場合

 すぐれた天然林,湿原,野生動物の生息地などを保全の対象として,特に重要な地域を特別地域として指定します。
 この区域内で,次の行為をするときは,知事の許可が必要です。

ア 建築物その他の工作物の新築,改築又は増築をすること
イ 宅地の造成や土地の開墾など土地の形質を変えること
ウ 鉱物の掘採や土石を採取すること
エ 水面の埋め立てや開拓をすること
オ 河川,湖沼などの水位や水量に増減をおよぼさせること
カ 木竹を伐採すること
キ 知事が指定する湖沼や湿原及びこれらの周辺1キロメートル以内の区域や流水域に排水施設を設置して汚水などを排水すること
ケ 道路,広場,田,畑,牧場及び宅地以外の地域のうち知事が指定する区域内において車馬若しくは動力船を使用し,又は航空機を着陸させること

2 野生動植物保護地区における場合

 特別地区内で,特に保護を必要とする野生動植物があるときは,その種類ごとに野生動植物保護地区を指定します。
 この地域内では,野生動植物の捕獲や採取は禁止されます。

3 普通地区における場合

 特別地区以外の県自然環境保全地域は普通地区とし,この地区では一定の基準を超える建築物の建築や宅地の造成など特定の行為をしようとするときは,事前に知事への届出が必要です。
 知事は届出があった行為について,自然環境の保全のために必要があると認められるときは,その行為について改善を命じたり,その行為を禁止若しくは制限できます。

2 緑地環境保全地域

(1)指定の対象地域

 県自然環境保全地域以外の区域で次のいずれかの区域のうち,自然的社会的諸条件からみて,その区域における自然環境を保全することが,地域の住民の良好な生活環境の維持に資すると認められる地域を,面積に関係なく指定します。

  1. 市街地又はその周辺地域の緑地を保全するために必要な樹林地,池沼,丘陵等良好な自然環境を形成している区域
  2. その地域を象徴する歴史的,文化的,社会的資産(例えば,神社仏閣や古墳)と自然とが一体となって良好な自然環境を形成している区域

(2)指定による行為の規則

 県自然環境保全地域の普通地区における場合とほぼ同じですが,木竹の伐採も届出の対象とされます。

3 自然海浜保全地区

(1)指定の対象地

次の事項に該当する地域を指定します。

  1. 水際線付近において砂浜,岩礁その他これに類する自然の状態が維持されているもの
  2. 海水浴,潮干狩その他これに類する用に公衆に利用されており,将来にわたってその利用が行われることが適当であると認められるもの
     ただし,保安林,都市公園,県自然環境保全地域,緑地環境保全地域などの区域については,指定しません。

(2)次の行為をしようとするときは,事前に知事に届出が必要です。

  1. 建築物,その他の工作物の新築,改築又は増築すること
  2. 土地(海底を含む。)の形質を変更すること
  3. 鉱物を掘採し,又は土石を採取すること
  4. 物を係留すること及び土石,竹木等の物件をたい積すること

top01