ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > 平成29年度広島県環境学習指導者専門研修を開催しました!

平成29年度広島県環境学習指導者専門研修を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月19日更新

ひろしまの豊かな自然フィールドで,2泊3日の宿泊型研修により,指導技術を高め合いました!

日時:平成29年7月15日(土)10:30~20:30,7月16日(日)9:00~20:30,7月17日(月・祝)8:30~16:00

会場:もみのき森林公園(廿日市市吉和)

講師:志賀誠治さん(人間科学研究所 所長,特定非営利活動法人ひろしま自然学校 代表理事)

古本敦子さん(NPO法人木野環境,かめおか里山学校事務局)

初日の研修実施状況(平成29年7月15日(土))

(1)セッション1「はじめまして!よろしく!」

 お互いを知り合うためのアイスブレイキングを通して,受講者同士の関係構築と情報交換を行いました。

(輪になって順番に名前を伝える,グループで自己紹介など)

breakbreak2

(2)セッション2「環境学習の基本」

 環境問題を解決する3つのEこと,環境教育の目的・目標等について,志賀講師のレクチャーを受けました。

 環境教育は関係教育であることに気付き,自分と社会,自分と自然・地球のつながりを再認識しました。

koushiprogram3

(3)セッション3「プログラム体験」

 もみのき森林公園の自然フィールドの中で,古本講師の指導により,「理解」のプログラムとして,食物連鎖の概念を体験を通じて学びました。

 また,志賀講師の指導により,「感性」のプログラムとして,自らの五感を研ぎ澄ませながら自然とのふれあいを楽しみました。

program1program2

(4)セッション4「プログラム体験の解説」

 セッション3で体験した「理解」と「感性」のプログラムを振り返りながら,志賀講師,古本講師からプログラムの意図について説明を受け,体験学習プログラムの専門知識や作り方を学びました。

また,初日の研修についてグループで感想や質問などを話し合った後,それを全体で発表するとともに質疑応答を行いました。

session4session4-1

(5)お楽しみ交流タイム

 セッション終了後,お互いにバックグラウンドや近況,所属団体の行事,これからやってみたいことなどを語り合い,交流を楽しみました。

【初日の受講者満足度】100%

二日目の研修実施状況(平成29年7月16日(日))

(1)セッション5「自然あそび図鑑を作ろう!」

 本研修では,受講者が各自のフィールドで活用できる自然あそび図鑑(体験プログラム集)を作り,それを最終日の実習で活用して指導技術を高めることとしています。(自然あそび図鑑は,全員が所属団体等へ持ち帰ります。)

 そこで,まず,インタープリテーションという考え方や教育的手法,具体的な伝える技術について志賀講師からレクチャーを受けました。

session5session5-1

(2)セッション6「アクティビティデザイン実習」

 まず,フィールドポテンシャルを知るための調査チェックリストを参考に,グループに分かれて森の中を歩きながら自然あそびの素材を探しました。

次に,グループごとに自然あそびのアイデアを出し合ったところ,4グループで46個もの自然あそびが生まれました。

そして,それらの自然あそびを「昔のあそび」,「昔や今あるあそびを改良したもの」,「新しいあそび」の3つのカテゴリーに分類して製本し,自然あそび図鑑を完成させました。

最後に,最終日のアクティビティ指導実習に向けて,自然あそび図鑑のプログラムを一つ選び,体験活動の流れをまとめたアクティビティデザインシート(進行要領)を作成しました。

session6zukan

(3)お楽しみ交流タイム

 初日に引き続き,交流タイムを楽しみました。2つのグループは,夜遅くまで,アクティビティデザインシートの作成や最終日の指導実習に向けた準備に取り組んでいました。

【二日目の受講者満足度】93%

最終日の研修実施状況(平成29年7月17日(月・祝))

(1)セッション7「アクティビティ指導実習」

 各グループで作成した体験プログラムをお互いに指導,体験し合うことで,実際に指導できるようになるための技術を磨きました。

 どのグループでも,参加者を巻き込みための導入や小道具,進め方など,随所に工夫が見られました。

 プログラムの体験後は,お互いに助言し合った結果をフィードバックシートに記録として保存しました。

session7session7-1

(2)セッション8「振り返りと分かち合い」

 アクティビティ指導実習で実習した内容とプロセスについて振り返りを行い,フィードバックシートを共有した後,全体で質疑応答を行いました。

 また,3日間の研修の学びを整理するため,振り返りシートに記入した後,2グループに分かれてその内容を発表し,お互いの気付きや感想からさらに学び合いを深めました。

session8session8-1

【最終日の受講者満足度】100%

参加者の声(主なもの)

参加者同士でのグループワーク・交流について,受講者満足度は100%でした。

2泊3日の研修全体についても,受講者満足度は100%でした。参加者の主な声をご紹介します。

・私が学んだのは,フィールドの中での学びの深さ,広さです。ゆっくりと歩くことで見えるもの,聞こえるものがあります。多くの受講者の目,耳,心での学び,感じたことで,たくさんの気付きをいただきました。

・私が学んだのは,人との関わりの大切さです。アイスブレイクから実習まで,一人で行う作業ではなく他の人と行う作業が多かったからこそ,その大切さを改めて実感しました。

・私が驚いたのは,人が笑顔になるアクティビティを作れたことです。(私にもできるんだ!)

・私がうれしかったのは,他の受講者とすぐうちとけて話ができたことです。学ぶことも楽しみでしたが,自分と年齢,職業,環境の違う人と話ができたことがうれしかったです。

・環境学習指導者としてレベルアップしていく上で私にとって必要だと思うことは,学習と体験,知識と感性,頭と身体をどちらも高められる行動を続けることです。まずは自分の息子たちと森へ入って今回のアクティビティをやってみます。

平成29年度広島県環境学習指導者専門研修の概要

研修の趣旨

児童・生徒等を対象とした環境学習会をより効果的に実施するため,環境教育の実践者や
その支援者等を対象とし,西中国山地の自然豊かなフィールドでの実践交流等を通して,
お互いの経験から学び合い,指導技術を高め合う研修を開講します。

昨年度は,フィールドワークを主体とした実践重視の研修内容に対して,受講者満足度の平均は
96.7%となり,高い評価をいただきました。
(昨年度の研修実施状況は,
こちらで紹介しています。)

今年度は,好評をいただいた昨年度の研修内容を引き継ぎながら,夏のもみのき森林公園をフィールドに,
短期集中型の2泊3日の宿泊研修として実施します。

受講者同士の交流を楽しみながら,指導技術を高めるとともに,活動ネットワークを広げてみませんか?

【受講メリット】

・子どもを対象とした環境学習会に関する専門知識や指導技術について,講師の適切な助言のもとで,
フィールドで指導体験を行いながら,楽しく
学び合うことができます。

・3日間の宿泊研修を通して,受講者同士の交流を深め,活動情報を共有したり,指導ノウハウを交換する
ことができます。

・子ども向けの楽しい体験プログラム集「自然あそび図鑑」を作成し,活動現場に持ち帰ることができます。

皆様の御参加をお待ちしております。

mominoki

受講者の募集(募集を締め切りました)

【募集期間】
平成29年5月23日(火)~7月5日(水)

【受講対象者】
子どもを対象とした環境学習を実践している方,実践しようとしている方,その支援を行っている方
(NPO・NGO,大学生,教員,環境学習・社会教育施設スタッフ,企業の地域貢献担当者,行政の
環境教育担当者,環境・観光・教育・子育て分野等の関係者など)

【募集人員】
25名程度

【応募方法】
参加申込書に必要事項を記載し,電子メール又はFAXで申込みをお願いします。

チラシ(表) (PDFファイル)(765KB)

チラシ(裏) (PDFファイル)(778KB)

研修企画書 (PDFファイル)(143KB)

参加申込書 (Wordファイル)(19KB)

カリキュラム概要 (2泊3日の宿泊研修)

 

1日目

日 程

平成29年7月15日(土)10:00~16:00

会 場

もみのき森林公園(廿日市市吉和)

講 師

志賀誠治さん(人間科学研究所所長,特定非営利活動法人ひろしま自然学校代表理事)
古本敦子さん(NPO法人木野環境 かめおか里山学校事務局)

内 容

・オリエンテーション
・仲間づくり,お楽しみ交流タイム
・体験学習プログラムの体験
・環境学習の基本

2日目

日 程

平成29年7月16日(日)10:00~16:00

会 場

もみのき森林公園(廿日市市吉和)

講 師

志賀誠治さん(人間科学研究所所長,特定非営利活動法人ひろしま自然学校代表理事)
古本敦子さん(NPO法人木野環境 かめおか里山学校事務局)

内 容

・学習効果を高める知識と技術の習得
・環境学習プログラムづくり「自然あそび図鑑をつくろう!」
(プログラムデザインの理解,プログラムデザイン実習)

3日目

日 程

平成29年7月17日(祝)10:00~16:00

会 場

もみのき森林公園(廿日市市吉和)

講 師

志賀誠治さん(人間科学研究所所長,特定非営利活動法人ひろしま自然学校代表理事)
古本敦子さん(NPO法人木野環境 かめおか里山学校事務局)

内 容

・環境学習プログラムづくり「自然あそび図鑑をつくろう!」
(プログラム指導体験)
・学びを実践につなげる実習

備考

1日目,3日目は,JR広島駅から会場までバスで送迎を行います。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。