ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

再生可能エネルギー等導入推進基金事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月16日更新

事業の目的

 広島県では,地域資源である再生可能エネルギーを活用し,災害に強い自立・分散型のエネルギーシステムを導入することで,「災害に強く,低炭素な地域づくり」を展開するため,国の「再生可能エネルギー等導入推進基金(グリーンニューディール基金)事業」を活用し,避難所等の防災拠点に対し,再生可能エネルギー等の導入を推進します。

事業の概要

 国の「平成26年度再生可能エネルギー等導入推進基金事業」に係る補助金を受入れ,「広島県環境保全基金」に上積みし,その基金を取り崩して,平成26年度から平成28年度までの3年間,事業を実施します。

・ 地域資源活用詳細調査事業
・ 公共施設再生可能エネルギー等導入事業
・ 民間施設再生可能エネルギー等導入支援事業(受付を終了しました)

基金の名称

広島県環境保全基金

基金額

15億円

(基金のうち国庫補助金等相当額 15億円)

事業期間

平成26年度から平成28年度末まで

事業の目標

・ 導入した再生可能エネルギー等による発電量
・ 防災拠点における再生可能エネルギーの普及率
・ 導入した再生可能エネルギー等による二酸化炭素削減効果
・ 再生可能エネルギー等を導入した災害拠点病院の受入可能者数
・ 再生可能エネルギー等を整備した福祉避難所の受入可能者数
・ 再生可能エネルギー等を整備した防災拠点への受入可能者カバー率

(1)全体計画書

(2)事業計画書(各年度計画書)

(3)状況報告書(各年度報告書)

(4)基金事業の状況(様式第8号)

<参考資料>

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。