ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

表紙(写真解説)

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

表紙写真の解説


 

里山(比婆郡)とカタクリの写真里山(比婆郡)とカタクリ
 カタクリは,早春に花をつけるユリ科の多年草。春先に光が地面に届く落葉広葉樹林に生育しています。片栗粉をとっていた植物です。

水田の広がる里地(山県郡)とトノサマガエルの写真水田の広がる里地(山県郡)とトノサマガエル
 トノサマガエルは,昔から最も人に親しまれてきたアカガエル科の生き物。水田やそのまわりの水路を繁殖地とし,昆虫などの小動物を食べています。

沿岸部の干潟(竹原市)とハクセンシオマネキの写真沿岸部の干潟(竹原市)とハクセンシオマネキ
 ハクセンシオマネキは,河口域の干潟に生息しているスナガニ科の生き物。オスは大きな白いハサミを持ち,ハサミを上下しながらダンスする様子が,白扇を振って潮を呼んでいるように見えることからこの名前がつき,人々に親しまれています。


 

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする