ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

16港湾海岸保全施設整備事業(都市海岸高度化)

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

港湾海岸保全施設整備事業(都市海岸高度化)福山市手城町

福山市手城町の整備前と整備後の写真
 

事業の内容

事業実施主体→広島県

事業期間→平成9年~平成13年

概算事業費→1,600,000,000(高質化区間)

事業概要(開発面積・建設物等の規模等)→堤防(補強)/L=2,080mうち905mの高質化

土地利用に対する法規制等

都市計画法の用途地域等→なし

自然公園法の区域指定等→なし

その他の法・条例等による区域指定等規制の内容について記述→海岸法における海岸保全区域

周辺地域の概況

当地区は,市街地に向かって運河状に延びた海岸であり,堤防背後のゼロメートルの地帯に企業や住宅が集積している。また,湾奥部の内港地区では,緑地の整備が行われ,背後の文化・商業施設では大勢の利用者で活況を呈している。

本事業の景観形成のねらい

内港地区(港湾緑地)に隣接する海岸堤防900m区間を,親水性のある緑地と一体的に利用可能な遊歩道として整備を行い,都市部のウオーターフロント空間を創造し,市民の憩い場の提供と併せベイエリア部の魅力ある都市景観の形成を図る。

景観への配慮状況

景観形成に配慮した事項

・表法覆工のタイル張り

・擁壁部の化粧型枠

・転落防止柵の設置及び高質化

・証明施設の設置及び高質化

・植栽

景観に関する地元からの指摘事項等

なし

景観に関する地元合意の手続き

なし

今後の課題

当該事業を通して得られた景観形成上の問題及び課題等

植栽等の維持管理


おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする