ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

14都市公園整備事業(びんご運動公園)

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

都市公園整備事業(びんご運動公園)尾道市栗原町・美ノ郷町

尾道市栗原町,美の郷町(びんご運動公園)の整備後の写真

事業の内容

事業実施主体→広島県

事業期間→昭和58年~平成14年

概算事業費→約21,900,000,000

事業概要(開発面積・建設物等の規模等)→公園面積/A=87.6ha
(主要施設)・陸上競技場 ・テニスコート ・健康スポーツセンター ・オートキャンプ場 ・野球場(整備中) ・コミュニティープール

土地利用に対する法規制等

都市計画法の用途地域等→市街化調整区域

自然公園法の区域指定等→なし

その他の法・条例等による区域指定等規制の内容について記述→なし

周辺地域の概況

当事業地は,尾道市市街地の北方約4kmに位置する丘陵地で,アカマツが主な林相となっており,緑豊かな地域である。また,国道184号,山陽自動車道,新尾道駅などの広域交通網が整備され,優れたアクセス性を有している。

本事業の景観形成のねらい

緑豊かな周辺環境と公園施設との調和。

景観への配慮状況

景観形成に配慮した事項

緑をできる限り残すよう造成を最小限に止める。公園施設が周囲の色彩と調和するよう配慮した。

景観に関する地元からの指摘事項等

なし

景観に関する地元合意の手続き

なし

今後の課題

当該事業を通して得られた景観形成上の問題及び課題等

・行楽シーズンなどに多くの人が来園するため,駐車場が不足し,園内道路に乱雑に注射される状況が生じた。

・ゴミの放置

・植栽の維持管理

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする