ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

6ふるさとの川整備事業 東雲地区(猿猴川高潮対策事業)

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

ふるさとの川整備事業・東雲地区(猿猴川高潮対策事業)広島市南区

広島市南区の整備前と整備後の写真

 

事業の内容

事業実施主体→広島県

事業期間→平成2年~平成12年

概算事業費→1,900,000,000

事業概要(開発面積・建設物等の規模等)→計画延長/L=920m(猿猴川右岸・ふるさとの川整備事業・東雲地区)
親水護岸・階段工/一式

土地利用に対する法規制等

都市計画法の用途地域等→市街化区域

自然公園法の区域指定等→なし

その他の法・条例等による区域指定等規制の内容について記述→河川法(河川区域)

周辺地域の概況

太田川デルタ上に形成された広島市南区は,商業地や住宅地として高度に利用されているが,地盤高も低く高潮に対して極めて不利な条件にある。また,水辺は都市活動から切り離されて背後市街地とのつながりが薄れている。背後地では,段原土地区画整理事業が行われている。

本事業の景観形成のねらい

高潮対策によって新たに生み出される河岸空間(河岸緑地,護岸等)を親水空間化するとともに,河岸空間に隣接・近接する公共的空間(公園緑地等)との一体的整備を働きかける。

景観への配慮状況

景観形成に配慮した事項

護岸が石積みを採用し,コンクリートにはないより自然な景観を創った。親水テラスや階段式護岸を配置し,河岸緑地とともに一体的な整備を行い,親水性にあふれた水辺空間の創出を図った。

景観に関する地元からの指摘事項等

河川空間の整備にあたって,背後の土地区画整備事業と調和の取れた景観となるような配慮を求める要望が強い。

景観に関する地元合意の手続き

関係市・区との協議

今後の課題

当該事業を通して得られた景観形成上の問題及び課題等

ふるさとの川整備事業(平成2年 整備計画認定)に基づき,河川管理者等は河岸空間の整備を進めるとともに,背後の公共的空地との一体的整備を図っている。今後,より快適な水辺空間形成のためには,河岸と一体的に整備することが強く望まれる河岸隣接民有地の整備に対し,長期的整備目標を念頭に置いた誘導を行うよう,まちづくり担当部局等に働きかける必要がある。


おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする