ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > 水質汚染事故発生状況

水質汚染事故発生状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月10日更新

 平成28年4月から平成29年3月までの通報件数は146件で,前年度(平成27年度)の通報件数(171件)と比べやや減少しています。近年,水質汚染事故の通報件数は,年間150~200件程度で推移しています。

≪水質汚染事故について≫

 河川や海域に油や有害物質などが流出すると,私たちの生活に欠かせない水道用水や農業用水が取水できなくなったり,漁業・産業・観光などに大きな被害を生じさせることがあります。場合によっては,正常な状態に戻すのに,大変な労力や時間,経費がかかることもあります。
 水質汚染事故の大半は不注意によって起こります。仕事やレジャーで海域・沿岸・河川に出向く際には,油や有害物質などの取り扱いには十分気をつけてください。
 また,万が一,河川や海域で油又は有害物質流出事故を発生させたり,発見した場合は,速やかに通報してください。速やかな通報により被害が少なくて済むことがあります。
 私たちの川と海は私たち一人ひとりの力で守りましょう。

○ 通報先

 警察,消防,市町,管轄の県厚生環境事務所,県庁などです。
 各市役所・町役場の担当課,管轄の厚生環境事務所もしくは県庁の通報先は次のとおりです。
 休日・夜間でも対応しています。

 通報窓口一覧  

水質汚染事故発生件数(H28.4~H29.3)

平成28年度

(単位:件)

H28
4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

H29
1月

2月

3月

H28
年度

油流出

7

7

8

5

5

6

7

9

6

4

5

3

72

化学物質など

5

2

6

2

3

7

2

8

7

2

2

5

51

小計

12

9

14

7

13

9

17

13

6

7

8

123

水質汚染事故に至らなかったもの

3

0

2

2

3

5

2

2

1

0

2

1

23

通報件数 

15

9

16

9

11

18

11

19

14

6

9

9

146

※ 「水質汚染事故に至らなかったもの」の件数には,河川・海域への油などの流出が防止できたものや,水量減少による魚などの死亡など自然由来のものを計数しています。

年度別水質汚染事故発生件数

H28水質事故

平成18~26年度に発生した主な水質事故

発生年月市町名発生場所発 生 状 況備考
18年4月26日三原市善入寺川塩化第二鉄を運搬中のタンクローリーが高速道路で交通事故を起こし,積荷の塩化第二鉄約10 kL流出。 
18年9月12日広島市太田川地下タンクにタンクローリーからA重油を給油した際,タンク容量を超え,通気管からA重油300~500 L流出。 
18年9月22日広島市太田川屋外貯油タンクの解体工事に伴い,残留していたA重油100~200L流出。一時取水を停止。 
19年9月17日広島市広島湾病院の屋上に設置されていた冷暖房用燃料タンクの配管に穴が開き,海上にA重油2,000 L流出。海域事故
20年2月6日三次市小童川ガソリン地下タンクが破損し,ガソリン5,500 Lが流出。汚染土壌の処理や監視井戸・河川水質の検査を実施。 
20年6月18日尾道市浦崎町沖ドックに上架しようとした19tタグボートが浸水により転覆し,沈没したためA重油が最大11KL流出。 
21年1月27日三次市大谷川暖房用ボイラーの燃料サービスタンクへの燃料供給スイッチの操作を誤り,A重油400Lが流出 
22年8月28日三原市姥ヶ原川高速道路で発生した車両同士の衝突事故により,積荷から苛性ソーダなどが流出。 
22年10月8日呉市豊島沿岸地下タンクの破損により,A重油が土壌に浸透し,岩場から海域へ流出。海域事故
23年3月3日大竹市玖島川バルブの閉め忘れにより,オイルタンクから灯油が最大840 L流出。 
23年12月22日広島市根の谷川原因不明でオイカワなど約3,000匹死亡。 
25年6月13日庄原市比和川プール清掃に使用した高濃度の次亜塩素酸を無処理で河川に排水し,多量の魚がへい死。 
26年6月26日竹原市田万里川堆肥化施設から加工途中の堆肥が流出。 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。