ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

環境寸劇のすすめ

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年11月22日更新

作:環境省登録環境カウンセラー 藤野完二

環境寸劇って何だ!寸劇って何だ!

 上演時間が短い劇,あるいは座興に演じる軽演劇のことを寸劇と言います。環境寸劇とは環境問題をテーマにした,簡単な劇ということになります。
言い換えるなら,聞く人にとって,堅苦しく受けとられがちな環境問題に関する話題を,気軽に耳を傾けて,受け入れ易くする様に工夫した短く簡単な劇ということになります。

 では,具体的には,見る人に受け入れ安い「環境寸劇」とはどんなものでしょう。一般に環境寸劇として演じられているものを見ると,子ども向けと大人向けでは少し違っているようです。
 子ども向け寸劇は幾分教育的な要素が入ってきますが,一般向けは分かりやすさや親しみ易さが優先されています。

環境寸劇をお勧めする理由

こんな格言があります。
 聞いた事は忘れます
 見た事は覚えています
 考えた事は忘れません
 試した事はできる様に成ります
これは,学習や教育の方法とその効果を言い表した名言です。
現在求められている環境問題や,そのための対策は知っているだけでは無意味です。 私たちの慣れ親しんできた生活習慣を具体的に変えることが求められています。そのためには単純に言い聞かせるより,見てもらい考えてもらう必要があります。
そのための方法として,環境寸劇は大変有効です。また,寸劇を演じ他人に見てもらうことで,演じた人自身も環境活動を身に付けることに繋がる効果が期待できます。

環境寸劇のテーマは?

一般に演じられる環境寸劇の場合は地域のゴミ問題,水質汚染などの身近な環境問題がテーマに選ばれることが多いですが,最近は地球温暖化問題をテーマとするものが増えて来ています。幾つか演題を紹介してみます。

ゴミラが街にやってきた

主人公はゴミの化身で,ゴミのポイ捨てを止めさせる事を目的とした劇。個人個人が何気なく「これくらいなら,誰も見ていないから,少しだけだから」と思って捨てたゴミも集めると大量になり,やがては大きな公害につながることに気付いてもらう

分けるんじゃー

「分けるマン」が主人公で,資源ゴミの分別を主題に,何もかもが一緒な単なるゴミも「分ければ資源になる」ことがテーマで,3R(リデュース,リユース,リサイクル)を訴えます。

病気の地球さん

熱を出して苦しむ地球坊やが主人公で,地球温暖化の仕組み,現状,対策を訴える内容です。

もったいない婆ちゃん

もったいない婆ちゃんが主人公で省資源,省エネがテーマです。

寸劇について

どんな人たちが取り組んでいるのか

学校の場合は

  • 子ども達に環境問題を考えるキッカケとする場合は,一般市民の方々が学校 に出向いて演じています。

一般の場合は

  • 環境団体や消費者団体,社会福祉協議会などの団体の方々が取り組まれていることが多いです。
  • 女性の場合は子育てが終わった方々が多いようです。

どんな所で演じられているのか

学校,公民館,企業などの施設が多いです。舞台で演じられることと,フロアーで演じられることがあります。最近はマスコミに取り上げられたり,スーパーマーケットのイベントとして頼まれることも増えてきました。

費用は

多くが無償ボランティアですが,実績が多い団体では近年有償での出演依頼が来ることもあるようです。

所用時間は

5分程度で問題提起型のものから15分程度と多様ですが,20分を越えた場合は見られた方々の評判が良くないようです。

台詞は

ディレクターが存在し,きちんとシナリオを作り,出演者が暗記し練習をした上で演じられるものと出演者にテーマと粗筋だけを周知し,ほぼ即興で演じるものがあります。
シナリオ作成は参加者全員協議で決め,台詞も話し合いながら決める場合と,一人のディレクターに任せる場合があるようです。

舞台装置は

ほとんどが手作りです。同じ演目を続けて行なう場合は,1回作ったものを使い回すことが多いです。
写真やグラフを示す場合は,スライドやパーワーポイントを使うこともあります。

音響装置は

舞台にセットされている場合を除き,ほとんどがワイヤレスマイクかノーマイクのことが多いです。
バックミュージックはカセットレコーダーなどを持ち込むことが多いです。

その他

事前にシナリオを作る場合は出演者の力量によるバラツキは少なくなりますが,事前の練習時間の調整や,台詞暗記が課題です。伝えたいことが正確に伝わる可能性が高く成ります。
テーマとおおまかな進行だけを決めてアドリブ優先で演じる場合は,演技者の技量に左右され安いです。
初心者がアドリブで演じる場合は台詞の重要な部分のフリップを準備し,台詞の正確さを保つ方法もあります。

シナリオの作り方

1 第一ステップ:まず,参加する人たちで思いを共有して下さい。

主催者の思い(テーマ)を明確にする

  • できるだけ「誰に」「何を」「なぜ」を客観的に分かり安い言葉にする。

ニーズ(必要性)を把握する

  • テーマに対する主催者のニーズ(必要性)を分かり易くまとめる
  • テーマに対する社会のニーズ(必要性)を分かり易くまとめる
  • テーマに対する対象者(劇を見る人)のニーズを分かり易くまとめる

ポテンシャル(資源)を把握する

  • 人的資源:どんな能力を持った人が,何人,どの程度参加してくれるか?シナリオを作れる人,演じれる人,絵を描ける人,字が上手な人,裁縫が得意な人,会計ができる人,人集めができる人,などを具体的に
  • 物的資源:舞台装置に使えそうな物を具体的に照明装置,音響装置,各種小道具(衣装,つえ,帽子など)
  • 資金的な資源:助成の可能性など
  • 場所的な資源:練習場所や公演場所など

2 第二ステップ:次の手順で大まかな流れを作ってみよう

  • 起)つかみ(動機付け):見る人の心を掴む方法で問題提起をしましょう。短く,明確で分かり易く,衝撃的に。個人の肉体的な事やプライバシーに関わる事は避けること。
  • 承)気付き:それがなぜ問題なのかを分かり易く,表現し理解させる。
  • 転)考えさせる:どうすれば良いのか考えるように誘導する。
  • 結)振り返る:分かち合う:参加者と意見を分かち合う。

3 第三ステップ:流れに合わせて登場人物やその人物の役割を決めよう。

  • 第一ステップで拾い上げたニーズ,ポテンシャルを参考にしながら具体的な登場人物やその登場者の役割を決めてみましょう。
  • 決まったら文書化してみましょう。

4.第四ステップ:流れに沿い,テーマを思い浮かべながら登場人物の台詞を考えましょう。

  • 出演者全員がポストイットを使い,思い思いの台詞を出してみるのも面白いでしょう。この時点では思い付く事をできるだけ沢山出し合う。
  • 出された台詞を全員で通して読み上げてみて,選別してみましょう。
  • テーマに沿っているか確認してみましょう。
  • 最後に清書しましょう。

5.第五ステップ:読み合わせで更に精査し,ステップアップを図りましょう。

具体的な流れの事例

はじめに

以下に紹介するシナリオは,あくまでも参考にしてください。
このシナリオでは,一人の女性が環境問題について解説を担当しています。
その部分を複数の人が分けて担当したり,登場人物が調べてみるスタイルでも面白くなると思います。
途中で出て来る,フリップは登場人物の台詞を覚える負担を軽減する働きと 全体の進行を,助ける目的と役割があります。
フリップの内容は政府のデーターで確認して作成した方が良いでしょう。
使う小道具としては60枚の繋いだレジ袋と,フリップだけです。衣装は普段着で構いません。

背景

買い物帰りの主婦の,井戸端会議を想定しています。

内容

起)

舞台中央にレジ袋のゴミが積み重ねられている。舞台では3人の女性がレジ袋の前に立っている。一人の女性が,レジ袋を拾い上げて

  • 女性A:こんな所にゴミを捨てないで下さい。
  • 女性B:あら,私知らないわ。
  • 女性C:このゴミ,レジ袋ね。
  • 女性A:そうレジ袋

レジ袋の中から更にレジ袋を取り出し,広げて見せる。袋から引っ張り出したレジ袋は繋がっている。
その一方を別の女性に持ってもらい,袋から,どんどん引っ張り出しながら会場を回る。やがて,会場を繋いだレジ袋で取り囲む。

承)
  • 女性B:私はレジ袋をこんなに貰ってないから,このゴミは私のものじゃないわ。
  • 女性C:そうね,こんなに沢山貰ってないよね。
  • 女性A:ここにあるのは一ケ月分のレジ袋です。
  • 女性B:一ケ月分にしても,私はレジ袋をこんなにはもらった覚えないわ。
  • 女性A: 1日に2枚貰ったとして一ケ月分で60枚になります。それに,よく見て下さい,このレジ袋,スーパー,コンビニ,パン屋,薬屋,本屋,DIYなどと色んな店でもらったレジ袋があります。
転)
  • 女性C:言われてみればそうだわ,色んな店があるけど,黙っていたら,買い物する度に,それぞれの店でくれるわ。
  • 女性B:レジ袋は畳めば小さくなるし,軽くて持ち運びに便利だし,たかがレジ袋でしょう。うるさいこと言わないでよ。それに,ゴミ袋を出す時に必要なのよ。
  • 女性A:あなたは道路に千円札が落ちていたらどうしますか?
  • 女性C:私なら拾うわ,それにお金なら捨てないわ。
  • 女性A:レジ袋を使い捨てることはお金を捨てている事と同じですよ。
  • 女性B:ええっ,どう言うこと。
  • 女性A:レジ袋を毎日2枚使うと年間で730枚になりますね。
  • 女性C:単純な掛け算ね。
  • 女性A:1枚5円だとすると年間で3,650円を捨てること同じです。
  • 女性B:そんな金額に!
  • 女性A:ええ,計算に間違いはありませんよ。それから,レジ袋は野山に捨てられたらどうなるでしょう?
  • 女性B:軽いから何処かに飛んで行ったり,水に浮くのでしょうから川を伝って,海に行くんでしょう。
  • 女性A: 葉っぱの様な自然界の物はいずれ分解されて自然に戻りますがレジ袋の様なプラスチック製品は自然分解せず,長い間自然の中にそのままゴミとして残ります。海に流れ込むと海面を漂い,ウミガメやオットセイが好物のクラゲと間違えて食べたりします。流れ着いた海岸の美観を損ねたりもします。
  • 女性C:でも海は広いから,大丈夫よ。
  • 女性A:日本全国で消費されているレジ袋が何枚くらいあると思いますか?
  • 女性B:さ~想像できないな???
  • 準備したフリップを見せる。
  • 女性A:約305億枚です。先ほど見てもらった60枚のレジ袋の5億倍です。その量を想像してみてください。
  • 女性C:う~ん,凄い量だ。
結)
  • 女性A:それに,レジ袋の浪費は子ども達の未来にも影を落としていると言えますよ。
  • 女性B:ええっ,大袈裟なことを言って脅かさないでよ。
  • 女性A:レジ袋は石油から出来ていますから,レジ袋を使い捨てるってことは石油を捨てる事と同じです。
  • 女性C:石油は,最近値上がりしてるわね。
  • 女性A:後40年もすれば残り少なくなって,今の様に気楽に使えなくなるそうですよ。
    事前に準備した化石燃料の可採年数を表した表や写真と日本のエネルギー事情を示した写真を見せる。
  • 女性B:石油が無くなると私たちの生活はどうなるの?
  • 女性A: まず,ガソリンで走る自動車や船や飛行機が動かせなくなります。そうなると,日本では60%の食べ物を外国から輸入していますから,食糧を運んで来れなくなり,食糧が不足することが考えられます。日本は火力発電に頼っ ていますが,その主な燃料は石油だそうです。電気の供給に影響が出る事も考えられます。身の回りにある石油製品を確認してみて下さい。
  • 女性B:でも新しい油田が見つかったってニュースを見たことがあるわよ。
  • 女性A:確かに新しい油田が見つかったり,北極海などの様にまだ未開発のところもあります。でもそれらの油田は今までの様に掘れば湧き出て来る様なところではないから,採掘に大変なコストが掛かることが分かっています。それに中国やインドの様に近年経済発展が著しい国も出て来ていますから,今まで以上に需要競争が激しくなり,大変高価な買い物をせざるを得なくなります。
  • 女性B:いずれにしても,近い将来に,石油は不足するって訳ね。
  • 女性C:40年後といったら,私の子ども達の時代だ。それは大変。
  • 女性A:そうです,子ども達のためにレジ袋1枚から節約しましょう。
  • 女性B:だからレジ袋1枚でも無駄にするなってわけか。私も,考える様にしよう。これからは買い物に行く時は,面倒くさがらす,買い物袋を持って行く様にするわ。

小道具について

使うデーターは正確な物を使う

具体的な数値データーなどを使う場合は必ず確認し正しい物を使いましょう。

使う資料の著作権を確認しよう

写真や音楽には著作権があります。できるだけ公的な物を使いましょう。

舞台道具を使う頻度を前提に作りましょう

一回しか使わない物に余計に手間はかけない方が長続きします。

台詞は忘れる物です

劇を見る人にとっては言葉で聞くだけより,目で見て読む方が覚えているものです。

訴えたい台詞はフリップで

演じる人も覚える台詞は少ない方が良い演技ができます。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。